fc2ブログ

Latest Entries

「お友達たち🐑,幾らお人好しのお友達たち🐑でも基本的なところとして, 自公-メイソン✡&👁/🤘勢政権は,非メイソン勢🐑を騙すかたちで,非メイソン勢🐑から広く且つ出来る限り多く消費税等として税金を取り立て,国内外のメイソン✡&👁/🤘勢へと配る構造を強化していくものだというのは分かってるよね? お友達たち🐑がご自身や子どもたちの奴隷化・家畜化の深化を防ぐために先ずすべきことというのは, 出来るだけ大勢で群れ立って,各自適法な範囲内の尖った物というのを手に手に携えつつ,最寄りのバカ議員たちの事務所へと乗り込んで, 立法措置として消費税廃止とか,日銀の完全国有化とかを求めることだね💕。」

(あちこちの自身のブログに同じ内容をペタペタ貼り付け)




[ 1/28/2024 6:04 PM
とりあえずTGチャンネル「国際陰謀研究所🥷🌸🗻⛩🗼🗾」にメッセージ《78》としてアップしておいた後の予定として,
a. 末尾にネット上へのコピー先として1つのブログ記事のURLを追加しつつ,計8つほどのブログにペタペタ貼り付けて,
b. 更に,昨年6月22日にTWアカウントHD_Bacchusが,私には理由がさっぱり分からず心当たりがないんだけど,誤凍結されてしまったので仕方がないから,
一昨年6月4日前後に誤凍結されたIGアカウントmickythegreat以外の残っている各IGアカウントから,計132個のIGDMグループに送信し,
c. その後に,後半部分に示すYouTube動画へのコメントだけは既に送信済みの,メールを通じての84団体ほどと,WEBサイトの問い合わせページを通じての26団体ほどとへと送信するつもりの次のタイトル1か,タイトル2かを付けたメッセージ:
-----
タイトル1 「白痴の岸田首相後におきましても,自公等-メイソン✡&👁/🤘勢政権に対する継続的な倒閣運動にご協力頂けますようよろしくお願い致します」
-----
タイトル2 「お友達たち🐑,幾らお人好しのお友達たち🐑でも基本的なところとして,
自公-メイソン✡&👁/🤘勢政権は,非メイソン勢🐑を騙すかたちで,非メイソン勢🐑から広く且つ出来る限り多く消費税等として税金を取り立て,国内外のメイソン✡&👁/🤘勢へと配る構造を強化していくものだというのは分かってるよね?
お友達たち🐑がご自身や子どもたちの奴隷化・家畜化の深化を防ぐために先ずすべきことというのは,
出来るだけ大勢で群れ立って,各自適法な範囲内の尖った物というのを手に手に携えつつ,最寄りのバカ議員たちの事務所へと乗り込んで,
立法措置として消費税廃止とか,日銀の完全国有化とかを求めることだね💕。」]



《78》
(⇒ https://t.me/s/InternationalConspiracyJP/78
/ http://tinyurl.com/3nyna8te )


[我が国の人々🐑が先ずすべきことというのは,
出来るだけ大勢で群れ立って,各自適法な範囲内の尖った物というのを手に手に携えつつ,最寄りのバカ議員たちの事務所へと乗り込んで,
立法措置として消費税廃止とか,日銀の完全国有化とかを求めることだね💕]


(次の<I>~<IV>は,それに続いて示すYouTube動画のコメント欄へのコメントの検討時に,そのタイトルにするつもりが,
検討しているうちに長くなってしまい,そのコメントを整理した内容になっています。)



<I>お友達たち🐑,「国の借金ガー」などと出まかせを言ってきた主流メディアとか,コメンテーターら・学者ら・ジャーナリストらとか,バカ議員ら・バカ官僚らとかのメイソン✡&👁/🤘配下の連中のことだけど,
幾らお人好しのお友達たち🐑でも勿論,次の(1)(2)のことには気付いてるよね?
(1) 彼ら✡&👁/🤘というのが国の借金の多さを口実に,消費税の増税を正当化しようとしてるということ。
(2)a. その消費税の増税が意味していることというのは,
彼ら友愛結社✡&👁/🤘のメンバー自体なのかどうかはともかく,彼ら✡&👁/🤘の配下にある白痴の岸田首相が,
彼ら✡&👁/🤘の配下にないお友達たち🐑から薄く広く騙し取る税金というのを,
政府に対して補助金・交付金や減税その他何らかの優遇を求め集ってくる国内の別の友愛結社✡&👁/🤘勢に配ったり,
また国外の友愛結社✡&👁/🤘勢に配ったりしようとしてるということ。
b. このaというのは要は,メイソン✡&👁/🤘勢政権が税金の有り様によって,お友達たち🐑にとって日本社会をより息苦しいものに変えていくということで,
メイソン✡&👁/🤘勢による非メイソン勢🐑の支配がより強化されていくということ。


<II>それで,増税が必要ないことをいうのに,「日銀は政府の子会社」論というのがあるんだけど,
なぜ,それがどこか,すっきりくっきりはっきりとはせず,中途半端なものになるかというと,
日本銀行法第46条により通貨発行権を有することになる日本銀行が,同法第8条により政府と民間との共有になってるからだね。
-----
第8条 (資本金)
第1項 日本銀行の資本金は,政府及び政府以外の者からの出資による1億円とする。
第2項 前項の日本銀行の資本金のうち政府からの出資の額は,5500万円を下回ってはならない。
第46条 (日本銀行券の発行)
第1項 日本銀行は,銀行券を発行する。
第2項 前項の規定により日本銀行が発行する銀行券(以下「日本銀行券」という。)は,法貨として無制限に通用する。
-----
つまり,通貨発行権を有し独占的に日本銀行券を発行している日本銀行というのは,政府の持ち分が55パーセント以上であるとはいえ,
民間(ロスチャイルド天皇を含む(?))との間で共有状態にあるわけで,
更にそういう日本銀行により発行される通貨というのは,発行された時点で元々,完全に国に帰属していたり,国民に帰するものであったりするわけじゃないからだね。


日本銀行が民間との共有ではなく,完全に国有化されたものだとすると,
日本銀行の資産は通貨発行権を含めて,完全な国の資産になるはずだし,
日本銀行が政府に対して有している国債は,通貨の性質を併せて考慮してみても,政府が他者に負う負債ということではなくなるはずだね。


<III>(1) そうすると,お友達たち🐑がすべきことというのは,
必要であれば,適法な範囲で可能な限りむごたらしい方法で,物理的にか国会議員たちをパージしながら,
勿論のこととして速やかな消費税の廃止を求めつつも,日本銀行の完全国有化とともに,国会の責任での日本銀行の運営を求めていくことだね。
(2) というか,それとも,先ずは,完全国有化され国会の責任で運営される別の中央銀行を創設するとかして,
日本銀行の通貨発行権の独占状態を緩めればいいのかな,どうだろうね。


<IV> まぁ,そういうわけで,いずれにしても,ほとんどのお友達たち🐑というのは,自らがイルミナティ✡&👁洗脳されているということに気付いてさえおらず,
イルミナティ/メイソン✡&👁/🤘勢よる3S政策に乗せられ平和ボケしていて,…というか愚民化していて,
年がら年中,多くの時間,ご家族🐑との団らんやお友達たち🐑同士の交流は別として,
どうでもいい情報に一喜一憂とか,ヘラヘラ・ニタニタ・ムラムラ・イライラとかしてるということだね✨。
まぁ,私としては,お友達たち🐑がどうあれ,
少なくとも,消費税廃止・日本単独核武装・国防軍創設改憲・LGBT法廃止の全てというのが実現されるまで,
白痴の岸田首相政権に対してばかりではなく,自公-メイソン✡&👁/🤘勢政権に対しての討ち首運動をやめることはないんだけどね💕。



※. そうそう,お友達たち🐑,
流石に,「『3S政策なんて都市伝説』とか思ってる情弱なお友達🐑はいない」とは思うんだけど,
念のため,3S政策を説明する昔本を紹介するよ。


1942年(昭和17年)出版の『猶太展解説』という本で,
その第15頁の終わりのほうから,「九. 猶太の三S政策」として説明されてる。
一般的にはGHQ✡&👁/🤘が日本にそういう政策を持ち込んだとされてるようだけど,
それ以前に戦中から日本国内でも,主に米国でのこととして意識されていたんだね。


私としてはお友達たち🐑にも自力ででも,次の本全部や,次の本に続いて示すYouTube動画の意味をよく考えてみてほしいんだけどね。


--------------------
『猶太展解説』 [1942] (「九. 猶太の三S政策」は第15頁~第22頁)
https://dl.ndl.go.jp/pid/1456269/1/16
/ http://tinyurl.com/3xvfatu7
--------------------



----------------------------------------
[ 1/24/2024 1:31 AM - 1/27/2024 11:05 AM
<I> 次のYouTube動画に@mickythemiracleでコメント。
チャンネル: 髙橋洋一チャンネル
タイトル: 951回 財務省がまたマスコミ使って債務超過だ!というので暴きます。※映像に乱れがあったため再アップしました。
https://www.youtube.com/watch?v=FsKAz6uWqhs&list=PLApqqGZRUe5pYmBBoqwNlt9A_up1CoRfr&index=224&ab_channel=%E9%AB%99%E6%A9%8B%E6%B4%8B%E4%B8%80%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB
/ https://bit.ly/495rX0h


<II> その後,とりあえず,22個ほどのWEBサイトの問い合わせページ等から,コメントの末尾に関連資料を付けて,そのまま送信。


<III> 更に,件名を「関係者の皆さま,消費税廃止とか,日本銀行の100パーセント国有化とかに向けてご協力頂けますようお願い致します」として,87団体ほどに,<II>のコメントを送信。]



Dear 高橋さんとか,



勿論,財務に限らずバカ官僚とかは,早期に物理的に,可能な限りむごたらしい方法でパージすべきではあります。


ただ,でも高橋さんは,日本銀行の通貨発行権を幾らって評価されたんです?
日本銀行が日本銀行法第46条に基づいて,日本銀行券を独占的に発行するんですよね?
-----
日本銀行法
第46条 日本銀行は、銀行券を発行する。
2 前項の規定により日本銀行が発行する銀行券(以下「日本銀行券」という。)は、法貨として無制限に通用する。
-----



それで,高橋さん,最近私は次の本を読んでるんですが,
日本銀行が政府の子会社だということを前提にするとして,
そのような前提では,高橋さんの通貨観は,バランスシートを持ち出すこと自体,おかしくないです?
-----
ヨハネス・ラウレス (1891-1959) 著 『スコラ学派の貨幣論』 [1937]
(国立国会図書館デジタルコレクションのサイトで,検索ワードを"ヨハンネス・ラウレス スコラ学派の貨幣論"として検索すると出てきます。
この本の著作権の保護期間が切れていて,無償でそのPDF版をダウンロードできます。
以下に示す日本語本も同様です。
英語本につきましては,Internet Archiveのサイトから同様にダウンロードできます。)
-----


上の本によりますと,明確なところとして,中世フランスの王侯は,金貨を好きなだけ発行できたんですね。
今で言いますと,通貨発行権は王侯にあったということですね。
そういった場合に,そういう中世フランスで,バランスシートが必要になるのでしょうか。



またオレーム(1323-1382)といった学者らは,アリストテレス(BC384-BC322)の『政治学』『倫理学』での主張などを借りて,
特に,王侯が例えば大金の支払い時などに先立って任意に,金貨中の金の含有量を減らしたりできることに疑義を唱えて,
貨幣が人民に帰属すべきだと主張したようです。


日本銀行は,オレームなりアリストテレスなりに言わせると,
ロスチャイルド天皇や政府が所有すべきものではなく,国会が所有すべきものということになるのかも知れません。


そういったことを含め,オレームらは,「貨幣の価値を変えるな」とも主張していたようです。
今で言いますと,円の価値というのは柔軟に変わったほうがいいところもあるのでしょうが,
ただ,「誰の都合で変えるか」という問題はあるように思えます。
為替市場では,短期的に日本銀行が介入したとしても,長期的には国際ユダヤ勢が円の価値を誘導しているように見えますし,
日本で消費税を上げるというのは,国民🐑がそうとは気付かないままに,実質的に円の価値を下げることのようにも思えます。


私は通貨の歴史に関心があって,今後,次の本を熟読するつもりでもいます。
-----
欧州貨幣史 [1902] by W・A・ショー (1865-1943),信夫淳平 (1871-1962)
(The history of currency, 1252 to 1894 [1895] by William Arthur Shaw)


日本貨幣史 [1923] by 塚本豊次郎 (?-?)
(本邦通貨の事歴 改訂版 [1928] by 塚本豊次郎)
-----


私のほうで,高橋さんが通貨観をどう矯正すべきか,消費税をどう考えるべきか明確に分かりましたら,
またメッセージするつもりでいます✨✨。
私としては,消費税を廃止させる以外にないように考えています。


なぜかといいますと,上述のことから更に,
消費税の制度というのは,国の幼年期→青年期→壮年期→老年期といった成長段階の変遷において,
意図的にその後半の衰退過程を作り出すのに大きな働きがあるように思えるからです。
そういった国の成長の過程については,次の本に記述があるようです。
-----
文明の極致 [1919] by ウォルシユ (1862-1936),伊勢県蔵 (?-?)
(The Climax of Civilisation [1917] by Correa Moylan Walsh)


西洋の没落 [1926] by スペングラー (1880-1936),村松正俊 (1895-1981) (公開は第1巻第1~4冊のみ)
(The Decline of the West [1918] by Oswald Spengler)
-----



--------------------
[関連資料]


※. いつからなのか,YouTubeのコメント欄には,URLを貼り付けることができなくなっています。
上記メッセージについて,適宜,次のリンク先の各資料をご参照下さい。


〇 ヨハネス・ラウレス (1891-1959) 著 『スコラ学派の貨幣論』 [1937]
https://dl.ndl.go.jp/pid/1453444/1/3
/ https://bit.ly/3NRCioq


(途中までのテキスト
https://docs.google.com/document/d/1WeADBmEvl4x8jkF9p1ABi_2ZctmSBKwQ/edit?usp=sharing&ouid=101459707451073275716&rtpof=true&sd=true
/ https://bit.ly/3vsJnFK )


〇 欧州貨幣史 [1902] by W・A・ショー (1865-1943),信夫淳平 (1871-1962)
https://dl.ndl.go.jp/pid/800274/1/1
/ https://bit.ly/3Hox00b


〇 The history of currency, 1252 to 1894 [1895] by William Arthur Shaw
https://archive.org/details/historyofcurrenc00shaw/page/n7/mode/2up
/ https://bit.ly/3tcEhHk


〇 日本貨幣史 [1923] by 塚本豊次郎 (?-?)
https://dl.ndl.go.jp/pid/1014761/1/2
/ https://bit.ly/48CMPw7


〇 本邦通貨の事歴 改訂版 [1928] by 塚本豊次郎
https://dl.ndl.go.jp/pid/1453709/1/3
/ https://bit.ly/4b0JZTd


〇 文明の極致 [1919] by ウォルシユ (1862-1936),伊勢県蔵 (?-?)
https://dl.ndl.go.jp/pid/953412/1/3
/ http://tinyurl.com/3ejuy6pu


〇 The Climax of Civilisation [1917] by Correa Moylan Walsh
https://archive.org/details/climaxofcivilisa00walsrich/page/n5/mode/2up
/ https://bit.ly/3yjOQO4


〇 西洋の没落 [1926] by スペングラー (1880-1936),村松正俊 (1895-1981) (公開は第1巻第1~4冊のみ)
[第1巻第1冊] ⇒ https://dl.ndl.go.jp/pid/1020365/1/4
/ http://tinyurl.com/4nm2eyax
[第1巻第2冊] ⇒ https://dl.ndl.go.jp/pid/1020371/1/4
/ http://tinyurl.com/5fdzsezr
[第1巻第3冊] ⇒ https://dl.ndl.go.jp/pid/1020374/1/4
/ http://tinyurl.com/3ppxvs5j
[第1巻第4冊] ⇒ https://dl.ndl.go.jp/pid/1020379/1/3
/ http://tinyurl.com/bdd4ve7m


〇 The Decline of the West [1918] by Oswald Spengler
https://archive.org/details/declineofwest01spenuoft/page/n5/mode/2up
/ https://bit.ly/39SZlP1


〇 ニコル・オレーム(1323-1382)の"Tractatus de origine, natura, jure et mutationibus monetarum"のラテン原文
https://archive.org/details/traictiedelaprem00oresuoft/page/n163/mode/2up
/ http://tinyurl.com/4rmz8kdm

--------------------



----------------------------------------
※. 上のメッセージ全文のコピー


『日本統治適正化に向けた最先端草莽意見集』
(末尾に記した「お友達たちお一人お一人の魂の救済に向けた最短最良の覚醒文書」から確認されることをお勧めするよ💞。)
https://docs.google.com/document/d/1oMOszQkrKoX3U9S7K2mz--XfwDrqL6x1/edit?usp=sharing&ouid=101459707451073275716&rtpof=true&sd=true
/ https://bit.ly/3swmBZ4


----------------------------------------


(以下,1/28/2024 6:14 PMに追加)
「お友達たち🐑,幾らお人好しのお友達たち🐑でも基本的なところとして,
自公-メイソン✡&👁/🤘勢政権は,非メイソン勢🐑を騙すかたちで,非メイソン勢🐑から広く且つ出来る限り多く消費税等として税金を取り立て,国内外のメイソン✡&👁/🤘勢へと配る構造を強化していくものだというのは分かってるよね?
お友達たち🐑がご自身や子どもたちの奴隷化・家畜化の深化を防ぐために先ずすべきことというのは,
出来るだけ大勢で群れ立って,各自適法な範囲内の尖った物というのを手に手に携えつつ,最寄りのバカ議員たちの事務所へと乗り込んで,
立法措置として消費税廃止とか,日銀の完全国有化とかを求めることだね💕。」
https://mickythemiracle.muragon.com/entry/40.html
/ http://tinyurl.com/3efydhmz
----------------------------------------


🐑🐑🔪👿

「お友達たち🐑,ホントのところどう思う? 明治維新について本文を読んで考えてみてほしいんだけど,実は,1868年1月3日の皇政復古の大号令というのは,当時15歳の明治天皇のメイソン✡&👁/🤘勢化完了を意味してるのかな💕✨✨?」

(あちこちの自身のブログに同じ内容をペタペタ貼り付け)




[ 1/4/2024 4:55 PM
とりあえずTGチャンネル「国際陰謀研究所🥷🌸🗻⛩🗼🗾」にメッセージ《75》としてアップしておいた後の予定として,
a. 計8つほどのブログにペタペタ貼り付け,
b. さらに,昨年の6月22日にTWアカウントHD_Bacchusが,私には理由がさっぱり分からず心当たりがないんだけど,誤凍結されてしまったので仕方がないから,
一昨年の6月4日前後に誤凍結されたIGアカウントmickythegreat以外の残っている各IGアカウントから,計132のIGDMグループに送信するつもりのメッセージ
「お友達たち🐑,ホントのところどう思う? 明治維新について本文を読んで考えてみてほしいんだけど,実は,1868年1月3日の皇政復古の大号令というのは,当時15歳の明治天皇のメイソン✡&👁/🤘勢化完了を意味してるのかな💕✨✨?」]



《75》
(⇒ https://t.me/s/InternationalConspiracyJP/75
/ https://bit.ly/3RJYORk )


[実は皇政復古の大号令というのは,明治天皇のメイソン✡&👁/🤘勢化完了を意味してる(?)]


(次の<I>~<IV>は,以下に示すYouTube動画のコメント欄へのメッセージのタイトルにするつもりが,
検討しているうちに長くなってしまい,メッセージを整理した内容)


「<I>お友達たち🐑,特に日本史に詳しいお友達たち🐑じゃなくても,
明治維新においては,英国グラバー商会といった国際ユダヤ・英米-メイソン✡&👁/🤘勢が,元々は米国南北戦争で余った武器などを調達するかたちで,
当初,日本の旧体制からは反乱軍だった長州藩などを軍事支援したと知ってるよね?
きっと島津家・毛利家配下の薩長維新志士らというのは,そういった武力の彼ら✡&👁/🤘による後ろ盾があってこそ,
35歳での孝明天皇の崩御により14歳で即位され当時15歳だった明治天皇を利用して,皇政復古を実現しつつ,
徳川幕府を武力解体して封建制をやめさせ,日本に民主政や資本主義を持ち込むことというのを主導できたんだろうね。
世界史的に見てみると,そういった彼ら✡&👁/🤘による反体制派への軍事支援というのは,
古くは,クロムウェルらのニューモデル軍に対してなされたものと,
また近年では,ゼレンスキーらのアゾフ大隊に対してなされたものと似たものに見えるよね💑✨✨?


<II>それでさ,お友達たち🐑,以上の<I>のような事実は真実として,それらとは別に,次の(a)(b)は事実だとする主張があるんだけど,
次の(a)(b)が事実だいうのは,単なる都市伝説かな?,どうだろうね🤔。
-----
(a) 天皇家・島津家・毛利家は,いずれも古代ユダヤ✡の血統である。
(b) 孝明天皇は,徳川幕府の武力解体には反対で,朝廷と幕府は合体すべきとお考えだったところ,
この孝明天皇は弑逆され,その後に,その子で明治天皇になる睦仁親王も弑逆され,
日本の人々🐑が明治天皇だと思い込んでいる人物というのは,
後醍醐天皇第11番目の皇子満良親王の子孫として毛利家のほうで世話をしていた大室寅之祐であり,
この大室寅之祐が睦仁親王としてすり替えられた。
-----
私には,もし仮に上の(a)(b)が事実だとするなら,
薩長維新志士らと朝廷との結びつき,更にはそれらと彼ら✡&👁/🤘との結びつきというのが,より強められたものとなり,
明治維新がより促進されたように思えるんだけどね。


<III>更にさ,お友達たち🐑,上の<II>の(b)に敷衍してだけど,
孝明天皇の35歳での崩御というのは,1867年1月30日のことで,公式にはその死因は天然痘ということで,
更にその5か月ほど前の1866年8月29日には,第14代将軍徳川家茂が20歳で,衝心性脚気ということで死去されてるよ。
徳川家茂は1862年3月11日に,孝明天皇の異母妹である和宮親子内親王とご結婚されていて,
孝明天皇とともに公武合体派だったね。
朝廷は1864年8月20日の禁門の変により,同月24日に幕府に対し長州藩を討つよう命じていて,
長州藩は以降,孝明天皇が崩御され明治天皇即位後の1867年6月26日に解除されるまで,朝敵ということになるんだけど,
なぜ私が,「実は長州藩勢✡&👁/🤘は,孝明天皇・徳川家茂のご両人という公武合体派の象徴を暗殺したのでは?」と疑ってるかというと,
ご両人とも自然死するには若過ぎ,死因も「ホントかな?」と思わせるものだということを前提にして,
仮に孝明天皇が御存命のまま,長州藩にとって倒すべき敵というのが朝廷と幕府とであるということだと,
長州藩は飽くまで反乱軍であり続けるところ,
これに対し,長州藩勢✡&👁/🤘が岩倉具視などの公家の力を借りる等して,
先ずどうにか孝明天皇をパージして,またどうにか朝廷と幕府との間を割くようにして朝廷を長州藩側へと取り込んだとすると,
倒幕を試みてきた長州藩というのは,そのような朝廷の取り込みに成功して以降には,
反乱軍だったという汚名を返上できるとともに,引き続いて幕府勢の解体に取り組めるだろうからね。
つまり1868年1月3日,当時15歳だった明治天皇を利用しての皇政復古の大号令というのが,
長州藩勢✡&👁/🤘によるそのような朝廷の取り込みの終局的な成功をも意味してるような気がしてね。
この際のこととしても,もしも睦仁親王すり替えというのが都市伝説じゃなく真実だったとしたら,
長州藩勢✡&👁/🤘からすると,明治天皇は扱いやすいということになるだろうね。


<IV>それで,お友達たち🐑,もし,「一つ一つの史実というのは,日記や書簡などの一次史料で証明するのでなければ,その存在は認められない」と固く信じてる人物がいたとしたら,
その人物というのは,例えば,上の<II>の(b)が事実だとか,上の<III>のことからして長州藩勢✡&👁/🤘は皇政復古により確定的に朝廷を取り込んだとか,をなかなか主張し難いところだろうね。
でもさ,お友達たち🐑,よくよく考えてみてほしいんだけど,
もしも仮に,例えば,長州藩勢✡&👁/🤘の人物らのいずれかに,
「本日,自宅にて昼食に鴨ソバを食して後,〇〇が来たりて,毒を盛り××を殺すべく謀議す」みたいなことというのを,一々日記に付けてるようなそんな頓馬な奴がいたとしたら,
思わず吹き出しちゃわないかな💑✨✨?」


--------------------


[ 1/3/2024 4:42 AM - 1/3/2024 5:56 PM
<I><II>のYouTube動画に@mickythemiracleでコメント。
<I>チャンネル: 関西くにもりチャンネル
タイトル: 1.2 「明治維新の真相 原田伊織氏の過ち」(その壱)本当はなかった西郷の江戸攪乱工作

https://www.youtube.com/watch?v=3QJVmaPd6_A&list=PLApqqGZRUe5oBvSaan74v1eWk3w4ZiHwV&index=166&ab_channel=%E9%96%A2%E8%A5%BF%E3%81%8F%E3%81%AB%E3%82%82%E3%82%8A%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB
/ https://bit.ly/3vjjE2v


<II>チャンネル: 新日本文化チャンネル桜
タイトル: 【謹賀新年】令和六年・新春靖國神社正式参拝[桜R6/1/2]
https://www.youtube.com/watch?v=3zdHYwZ-H08&list=PLApqqGZRUe5oBvSaan74v1eWk3w4ZiHwV&index=167&ab_channel=%E6%96%B0%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%96%87%E5%8C%96%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB%E6%A1%9C
/ https://bit.ly/3tCdp9q ]



From Micky the Miracle (1/2) (文字数制限のため2分割)


Dear 稲垣さんや水島さん,くにもりの人たちとか,


(「1.2 「明治維新の真相 原田伊織氏の過ち」(その壱)……」,
「【謹賀新年】令和六年・新春靖國神社正式参拝[桜R6/1/2]」のコメント欄から送信。)



基本的に稲垣さんの関西くにもりチャンネルというのは,リアル保守志向を追究していくといった趣きで,
令和版の松下村塾といったものを目指していらっしゃるのでしょうか。
それならそれはそれで好ましいことで,是非とも継続して頑張って下さい。


それはそれとしてということで,稲垣さんはここ何回か明治維新について触れられていますが,
私としては,その触れられ方に若干違和感があるように感じていて,
何といいますか,もう少し発展的問題解決に向けるように説明頂きたいです。
技術的には,見られる人々🐑が一度見するだけで理解できるように,プレゼンを工夫される余地もあるように思っています。


それで,私の若干の違和感についてですが,
稲垣さんのほうで,司馬遼太郎氏にせよ,原田伊織氏にせよ,彼らの明治維新にかかる認識を誤りであると主張され,誤りであることが証明されたところで,
見られる人々🐑にとって,保守思想なり保守的思想なり独立志向なりの涵養にプラスになるところが乏しいように思っています。
それは,日本共産党や立憲民主党の議員たちの事実認識や彼らの政策をいちいち取り立てて誤りだと説明されるようなものだとも思えます。



私のほうでもここ何か月かの間,「明治維新とは何だったのか?」について確認しているのですが,
自らのこととして明確には分かっていなかったことがあることに気づくところがあります。


私のその明治維新についての確認方法ですが,
次の(1)を熟読しつつ,(2)(3)で補完しながら,独自の年表を作成するといったものです。
(現在作成中の明治維新史の年表は,Googleドキュメント「リアル世界史&日本史年表」中に含めてあり,
私のチャンネルMicky the Miracleの概要欄から,そのGoogleドキュメントへとたどれるようにしてあります。)
-----
(1) 徳富猪一郎(1863-1957)著 『明治維新の大業』 [1935]
(2) 日置昌一(1904-1960)著 『国史大年表 改訂版』 第五卷 [1940]
(3) 大石学(1953- )編『幕末維新史年表』 [2018]
(4) 徳富猪一郎(1863-1957)著 『近世日本国民史』 第57 幕長交戦 [1933-1939] (特に「第17章 長藩の銃艦買入れ」を中心に)
(5) 坂本龍馬(1836-1867)など著 『坂本龍馬関係文書』 第一 [1926] (特に慶応元年7月26日付の書簡など)
((1)(2)(4)(5)については,その全内容が国立国会図書館デジタルコレクションで無償公開されています。)
-----


私が明治維新について重視している点というのは,どのように長州藩がグラバー商会などの外国勢から軍事支援を受けて,倒幕に武力を用いたかということです。
私の今のところの見立てでは,そういう長州藩の武力などに対するメイソン勢による後ろ盾がなければ,倒幕なり皇政復古なりは実現できなかったことでしょう。
今後のこととしては,とりあえずは先ず,上の(4)(5)を用いて,長州藩に対して現にどのような軍事支援があったのか,また坂本龍馬がどのようにそれに関わっていたのかなどを確認するつもりでいます。



私が考えている明治維新についての好ましい議論の方法というのは,
先ずは,大筋のところで,明治維新につきどのような出来事があったと認識されているのかを明確にされ,
その上で,それらの出来事の連鎖というのを論評することです。


もし司馬遼太郎氏や原田伊織氏に対する批判が必要であるようでしたら,
明治維新について自ら主要と考える事実についての説明の後のこととして,彼らとの間で,どういった事実認識なり,どういった個々の事実に対する論評なりが異なっているというかたちでされたほうが,より好ましいように思っています。



私の今のところの明治維新についての認識というのは,ざっくり次の通りです。


--------------------
[明治維新とは何だったのかについての要約] (外国との関わり合いを重視)


次の経緯からして,明治維新では要は,
日本の開国を巡って開国派の公家・武家らと,攘夷派の公家・武家らとの間で対立・争いが生じ,
その対立・争いが外国勢からの支援もあって内戦をもたらしつつ,皇政復古・幕府の武力解体を引き起こした。


<I>1853年のペリー来航があって,その後1858年の日米修好通商条約書名の直後には,
薩摩藩は1862年の生麦事件での英国人殺傷によって,
また長州藩は1863年-1864年の下関戦争での米・仏・蘭の艦船との間での砲撃・被弾によって,
強烈に攘夷の立場を表明していた。


<II>ところが,長州藩(伊藤博文を含む)は1863年頃から,
薩摩藩は1865年頃から,
各藩藩士の英国留学を通じて,英国✡&👁/🤘と深い結びつきを有するようになる。


<III>土佐藩の坂本龍馬は薩長両藩とは別に,1865年8月頃から,グラバー商会✡&👁/🤘から武器を調達するようになる。
坂本龍馬の周旋によって,1866年3月7日,長州藩木戸孝允と,薩摩藩小松清廉・西郷隆盛らとは京都の小松の別邸で会合し,
薩長連合の盟約を協定する。
坂本龍馬が調達する武器というのは,1868年1月~1869年6月の戊辰戦争を含め倒幕に用いられたと思われる。


<IV>1866年8月29日に,和宮降嫁を1862年に受けた徳川家茂(20歳)が死去し,
1867年1月30日に孝明天皇(35歳)が崩御し,
これらは,漸進的倒幕を求める公武合体派の解体を意味する。


<V>1867年の大政奉還以降,薩長両藩の出身者らはメイソン✡&👁/🤘の手先として,明治国家の建設を主導していった。


-----
※1 1853年のペリー来航後の当初,薩摩藩は漸進的倒幕・尊皇攘夷姿勢を,
また長州藩は急進的倒幕・尊皇攘夷姿勢を取っていたのが,
1863年~1865年頃以降,英国✡&👁/🤘との結びつきから,両藩いずれも全体として見ると,急進的倒幕・尊皇開国姿勢に変化していったように見える。


2 「尊皇」ということの意味は,孝明天皇御存命中には,公武合体姿勢への同意を含み得たが,
孝明天皇崩御後には,公武合体姿勢への同意は含み得なくなったように思われる。


3 皇政復古の大号令が発せられたことというのは,
明治朝廷へと一極化した新政府を樹立して,また公武合体せず徳川幕府勢を武力解体するといった方針が明確にされたことを意味するものと思われる。
この時,明治天皇は15歳であり,何か統治の有り様に明確な御意思を御持ちであったとは思えない。


4 仮に天皇家や島津家(薩摩藩),毛利家(長州藩)が古代ユダヤの血統であったり,また明治天皇(睦仁親王)のすり替えがあったりしたとすれば,
それらのことというのは薩長両藩と朝廷との結びつき,更にはそれらとメイソン✡&👁/🤘らとの結びつきを強める方向に働いたものと思われる。
--------------------



From Micky the Miracle (2/2) (文字数制限のため2分割)


それで,稲垣さんは何回か前に「シオンの議定書」に触れられていましたが,
元々のセルゲイ・ニルス氏のロシア語版「シオンの議定書」に忠実にビクター・E・マーズデン氏が露英訳した英訳版では,
国際ユダヤ✡がメイソン✡&👁/🤘を使って,統治体制を次のように変遷させていく方針であることが読み取れます。
-----
I. 絶対王政 ⇒ 立憲君主制
II. 立憲君主制 ⇒ 大統領制
III. 大統領制 ⇒ 実質上の共産主義的な世界独裁
-----


私の見立てというのは,上に掲げた要約とは異なる別の表現では,明治維新において,正にそのIのことが引き起こされたということです。
つまり,明治維新というのは,日本国内で内々にどのようなヒューマンドラマが展開されていようとも,
そのようなことは,メイソン✡&👁/🤘らにとっては全く無意味・無価値なことであり,
彼ら✡&👁/🤘にとっては,彼ら✡&👁/🤘の日本への浸透の第一歩として,
日本に,封建制をやめさせて,民主政だの資本主義だのを持ち込むことが大切だったものと思えます。


彼ら✡&👁/🤘にとっては,維新志士たちには,日本の開国こそが日本の産業の大幅な発展なり軍事強国化なり国際的地位の向上なりをもたらすだのなんだの,適当な妄想に浸らせておいて,
そういう志士たちの心理状態を上手く利用して,志士たちに武器を与えるなり必要な支援をしつつ,とにもかくにも封建制をやめさせることというのが重要だったはずということです。



欧米諸各国で,民主政にしましても,資本主義にしましても,それらを支配しているのはメイソン✡&👁/🤘勢ですので,
日本に封建制をやめさせて,民主政だの資本主義だのを持ち込んだことというのは,
日本の人々🐑というのを,旧日本支配層(孝明天皇以前の朝廷と,江戸幕府)のもとから引きはがして,
欧州支配層✡&👿による金権独裁下に追いやっていく端緒を与えたということを意味しています。


私自身は,保守主義とは何かといいますと,元々は,封建的な秩序を守っていこうとする立場だったように思っています。
左派というのは,元々はフランス革命の準備期から,封建的な秩序の中,特に君主制・キリスト教会・既存の社会秩序を破壊するために,
ありとあらゆる屁理屈を組み立てて,〇〇主義・△△主義を成立させ主張してきたものです。


私は,保守思想・保守的思想を語る方々には,日本国民🐑や人類🐑の福祉に向けてということですが,
民主政や,手放しの自由放任・何でもかんでもの平等といったものを修正するような主張があり得てよいように考えています。


また今後,数週間内に明治維新にかかる私なりの調査が一段落した時機にでも,
明治維新にかかる私なりの認識をバージョンアップして,くにもりの皆さまへの応援メッセージとして披歴するつもりでいます。



そういえば,是非とも,くにもりの皆さまには,お年を召されてもということですが,良書をたくさん読んで頂きたいです。
国立国会図書館デジタルコレクションで,「連合国軍総司令部から没収を命ぜられた宣伝用刊行物総目録」という目録を検索してご入手下さい。
この目録は,文部省が編集して1949年に出版したもので,
これには,GHQ✡&👁/🤘から日本政府へと没収を命じられた本が3000冊以上一覧化されているようです。
私はその後のこととしても,そういう流れの中で,出版社が自主規制していたり,実質的に出版社が統制されていたりすることがあるものと考えています。
間違いなく,GHQ✡&👁/🤘が日本の人々🐑に読ませることを嫌がった本こそが良書です。



--------------------
[関連資料]


※. いつからなのか,YouTubeのコメント欄には,URLを貼り付けることができなくなっています。
上記メッセージについて,適宜,次のリンク先の各資料をご参照下さい。


〇 1.2 「明治維新の真相 原田伊織氏の過ち」(その壱)本当はなかった西郷の江戸攪乱工作
https://www.youtube.com/watch?v=3QJVmaPd6_A&list=PLApqqGZRUe5oBvSaan74v1eWk3w4ZiHwV&index=166&ab_channel=%E9%96%A2%E8%A5%BF%E3%81%8F%E3%81%AB%E3%82%82%E3%82%8A%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB
/ https://bit.ly/3vjjE2v ]


〇 【謹賀新年】令和六年・新春靖國神社正式参拝[桜R6/1/2]
https://www.youtube.com/watch?v=3zdHYwZ-H08&list=PLApqqGZRUe5oBvSaan74v1eWk3w4ZiHwV&index=167&ab_channel=%E6%96%B0%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%96%87%E5%8C%96%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB%E6%A1%9C
/ https://bit.ly/3tCdp9q


〇 『リアル世界史&日本史年表』(特に,「特に明治維新史」シート)
https://drive.google.com/file/d/1dBLHUmnlBQYEIwl312WNSNRQB7YLfmug/view?usp=sharing
/ http://bit.ly/2YQ7PQf


〇 徳富猪一郎(1863-1957)著 『明治維新の大業』 [1935]
https://docs.google.com/document/d/1Am1JVp8BAkIh_Oiua29-1LhE6T1aBqRo/edit?usp=sharing&ouid=101459707451073275716&rtpof=true&sd=true
/ https://bit.ly/47QWXAZ


〇 徳富猪一郎(1863-1957)著 『近世日本国民史』 第57 幕長交戦 [1933-1939] (特に「第17章 長藩の銃艦買入れ」を中心に)
https://dl.ndl.go.jp/pid/1118326/1/4
/ https://bit.ly/3tGFiwT


〇 日置昌一(1904-1960)著 『国史大年表 改訂版』 第五卷 [1940]
https://dl.ndl.go.jp/pid/1918397
/ https://bit.ly/3S4w6fb


〇 坂本龍馬(1836-1867)など著 『坂本龍馬関係文書』 第一 [1926] (特に慶応元年7月26日付の書簡など)
https://dl.ndl.go.jp/pid/1917617
/ https://bit.ly/3NIMPlP


〇 ウィキペディアの解説ページ「トーマス・ブレーク・グラバー」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%90%E3%83%BC
/ https://bit.ly/4aGOfXP


〇 「シオンの議定書 mickythemiracle版 【お友達たち向け仕様】」
https://drive.google.com/file/d/1oIhzBJ3rWmgnXkCqK3GztVaUH_tqCH2f/view?usp=sharing
/ http://bit.ly/2YM19hl
(次に示す番号は,私のほうで付けた節番号です。
120: 絶対王政 ⇒ 立憲君主制
121: 立憲君主制 ⇒ 大統領制 (122・123: 121を補足する内容)
128・129: 大統領制 ⇒ 実質上の共産主義的な世界独裁 (154: 129を補足する内容))


〇 文部省社会教育局 編 「連合国軍総司令部から没収を命ぜられた宣伝用刊行物総目録」 [1949]
https://dl.ndl.go.jp/pid/1159482
/ https://bit.ly/3Rxw6TB
--------------------



----------------------------------------
「お友達たち🐑,ホントのところどう思う? 明治維新について本文を読んで考えてみてほしいんだけど,実は,1868年1月3日の皇政復古の大号令というのは,当時15歳の明治天皇のメイソン✡&👁/🤘勢化完了を意味してるのかな💕✨✨?」
https://mickythemiracle.muragon.com/entry/39.html
https://bit.ly/47nsyZO
----------------------------------------
『日本統治適正化に向けた最先端草莽意見集』
(末尾に記した「お友達たちお一人お一人の魂の救済に向けた最短最良の覚醒文書」から確認されることをお勧めするよ💞。)
https://docs.google.com/document/d/1oMOszQkrKoX3U9S7K2mz--XfwDrqL6x1/edit?usp=sharing&ouid=101459707451073275716&rtpof=true&sd=true
/ https://bit.ly/3swmBZ4

----------------------------------------


👑💥🐑 ❓

「お友達たち🐑も気づいてるとは思うんだけど,新興の幾つかの似非保守政党(又は政党設立を準備している政治団体)は,親-英米メイソン系と,親-大陸メイソン系との2系統のいずれかに分けられるね。 それら2系統の似非保守政党のいずれかを『真正の保守勢だ』と勘違いして支持してる支持者らというのは,主には, リーダーらの政治的な主張に種々の矛盾があることに全く気づけないタイプB1と, リーダーらの政治的な主張に矛盾があったら気づけるつもりでいて,でも騙されやすく偽善や似非ヒューマニズムに丸め込まれるタイプB2とに分けられるんじゃないかな。 一応真正に見える保守勢力というのも存在していないわけじゃないけれど,…」

(あちこちの自身のブログに同じ内容をペタペタ貼り付け)




[ 12/10/2023 4:02 AM - 12/10/2023 6:12 AM
とりあえずTGチャンネル「国際陰謀研究所🥷🌸🗻⛩🗼🗾」に《M68》としてアップしておいた後の予定として,
a. 計8つほどのブログにペタペタ貼り付け,
b. さらに,今年の6月22日にTWアカウントHD_Bacchusが,私には理由がさっぱり分からず心当たりがないんだけど,誤凍結されてしまったので仕方がないから,
昨年の6月4日前後に誤凍結されたIGアカウントmickythegreat以外の残っている各IGアカウントから,計132のIGDMグループに送信するつもりのメッセージ
「お友達たち🐑も気づいてるとは思うんだけど,新興の幾つかの似非保守政党(又は政党設立を準備している政治団体)は,親-英米メイソン系と,親-大陸メイソン系との2系統のいずれかに分けられるね。
それら2系統の似非保守政党のいずれかを『真正の保守勢だ』と勘違いして支持してる支持者らというのは,主には,
リーダーらの政治的な主張に種々の矛盾があることに全く気づけないタイプB1と,
リーダーらの政治的な主張に矛盾があったら気づけるつもりでいて,でも騙されやすく偽善や似非ヒューマニズムに丸め込まれるタイプB2とに分けられるんじゃないかな。
一応真正に見える保守勢力というのも存在していないわけじゃないけれど,
私には,その保守勢力からは,どこか『天皇教信者じゃなきゃ,日本人じゃない』といった過度の復古趣味が感ぜられ,
だから,『そういうふうに狂信的なままだと,日本のためにと熱心に取り組んでいらっしゃる割りには,党勢拡大の望みが絶無じゃないかな』と心配してるところがあるよ。
とはいえ,その保守勢力が力を入れていらっしゃる,とりあえず3人の自民党似非保守議員(右派を偽装した左派議員)についての落選運動というのを,右派からの反動又は右派からのプチ革命として応援してはいるんだけどね。
あと,今のところ,そういう似非保守議員の落選運動に加えて,メイソン専制に対する有効な抵抗方法というのは,
現憲法が許容する政治的表現の自由なり抵抗権なりの範囲内で,1657年に英国で初版出版の"Killing No Murder"を真似て,その現代日本版というのを出版することかな💕✨✨」]



《68》
(⇒ https://t.me/s/InternationalConspiracyJP/68
/ https://bit.ly/3Ng3v40 )


[民主政が偽装された独裁制(メイソン専制)に対する有効な抵抗方法]


「お友達たち🐑も気づいてるとは思うんだけど,新興の幾つかの似非保守政党(又は政党設立を準備している政治団体)は,親-英米メイソン系と,親-大陸メイソン系との2系統のいずれかに分けられるね。
それら2系統の似非保守政党のいずれかを『真正の保守勢だ』と勘違いして支持してる支持者らというのは,主には,
リーダーらの政治的な主張に種々の矛盾があることに全く気づけないタイプB1と,
リーダーらの政治的な主張に矛盾があったら気づけるつもりでいて,でも騙されやすく偽善や似非ヒューマニズムに丸め込まれるタイプB2とに分けられるんじゃないかな。
一応真正に見える保守勢力というのも存在していないわけじゃないけれど,
私には,その保守勢力からは,どこか『天皇教信者じゃなきゃ,日本人じゃない』といった過度の復古趣味が感ぜられ,
だから,『そういうふうに狂信的なままだと,日本のためにと熱心に取り組んでいらっしゃる割りには,党勢拡大の望みが絶無じゃないかな』と心配してるところがあるよ。
とはいえ,その保守勢力が力を入れていらっしゃる,とりあえず3人の自民党似非保守議員(右派を偽装した左派議員)についての落選運動というのを,右派からの反動又は右派からのプチ革命として応援してはいるんだけどね。
あと,今のところ,そういう似非保守議員の落選運動に加えて,メイソン専制に対する有効な抵抗方法というのは,
現憲法が許容する政治的表現の自由なり抵抗権なりの範囲内で,1657年に英国で初版出版の"Killing No Murder"を真似て,その現代日本版というのを出版することかな💕✨✨」


--------------------


[12/9/2023 6:10 PM
次の<I><II>のYouTube動画に@mickythemiracleでコメント。
<I>チャンネル: 新日本文化チャンネル桜
タイトル: 【直言極言】日本保守の最低要件はこれだ![桜R5/11/23]
https://www.youtube.com/watch?v=1tb6oBbLHRw&list=PLApqqGZRUe5oBvSaan74v1eWk3w4ZiHwV&index=115&ab_channel=%E6%96%B0%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%96%87%E5%8C%96%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB%E6%A1%9C
/ https://bit.ly/3Rf1yWm


<II>チャンネル: 関西くにもりチャンネル
タイトル: 12.5 【チェスト!くにもり 稲垣ひでや】 「理性と狂気」#明治維新#伝統と創造#ニーチェ#原田伊織#司馬史観#荻生徂徠#本居宣長#白川静
https://www.youtube.com/watch?v=Y-NsRUqtkfw&list=PLApqqGZRUe5oBvSaan74v1eWk3w4ZiHwV&index=129&ab_channel=%E9%96%A2%E8%A5%BF%E3%81%8F%E3%81%AB%E3%82%82%E3%82%8A%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB
/ https://bit.ly/3Ni8IIu ]



From Micky the Miracle (1/6) (文字数制限のため6分割)


Dear 水島さんや稲垣さんとか,くにもりの人たちとか,また愛国者のつもりの人たちや全くそういうつもりのない人たちとか,騙されやすい人たちや騙されにくいつもりの人たちとか,


(「【直言極言】日本保守の最低要件はこれだ![桜R5/11/23]」,
「12.5 【チェスト!くにもり 稲垣ひでや】 「理性と狂気」……」のコメント欄から送信。)



私は強く,「日本国なり日本民族なりは,国際陰謀を企む闇の勢力による支配から独立すべきだ」と考えており,
そういった点で,水島さんや稲垣さん,くにもりの人たちの国民運動・政治運動・落選運動に関心があります。
私は今のところ,くにもりの運動自体に参加するつもりは全くなく,
ただ折に触れて水島さんたちにメッセージを送信する限りで,そういった運動を応援しているつもりではいます。


なぜくにもりの人たちを応援する意思がありながら,運動には参加しないかといいますと,
私は,「日本国・日本民族の自存・独立を阻む闇の勢力の実質は,
世界規模の秘密結社――メイソン結社,更にこれに浸透するイルミナティ――だ」と考えているからです。
つまり,そういった秘密結社の勢力といいますのは,日本人でもあり得てどこにでも浸透するものですから,
くにもりの人たちのように,ただ,正々堂々と街宣活動をしたり,
秘密結社勢の配下にあるネットメディアを利用して宣伝したり,
組織作りが捗るように政治以外のことで支持者とのつながりを深めたりするだけでは,
悪意をもって日本の真の独立を阻む秘密結社勢に対して無力なところがあるような気がするというわけです。


私が最初に水島さんの動画に向けてコメントしたのは,手元に記録として残っている限りでは2014年8月11日のことですが,
現に,それ以降のこととしてでも,チャンネル桜周辺に浸透する幾人かの人物によって,
水島グループ自体やその運動の拡大が妨害されてきたようにも見えます。
といいますか,そういった人物らの多くというのは,当初から似非保守勢だったというよりも,
水島さんたちの知らぬ間に,いつしかメイソン勢に実質的に買収されて似非保守化するものなのでしょう。
水島グループの内外に敵対勢力がいるというのは,かなり厄介なことのように思えます。



私としては,詳細は捨象して根本的なところで,人類が知るべき最も重要な真実というのは,次のa・bのことだと考えています。
-----
a. 世界規模の秘密結社(及びその配下のスパイ組織・カルト・労働組合・慈善団体・公益団体など)が,諸各国の要人らを適宜どうにか操縦することによって,
世界支配(又は,諸各国の主権を弱めつつの国際秩序の一極化)を進めてきている。
b. そういった秘密結社にかかる言論の自由こそが,広く人々の間からの世界支配への有効な抵抗をもたらし得るが,
これまでのところ,そういった人権というのは,諸各国の国家権力がいかようにでも関与できるにもかかわらず,
実質的に,秘密結社側の勢力により踏みにじられてきている。
-----



そういった前提で,水島さんの今回の動画でのご主張についてコメントします。
この動画で水島さんは,「日本保守たる最低要件」というのを,
水島グループと,日本保守党参政党などの明確な似非保守勢・似非反グローバリズム勢との間の差別化のために説明されていることと思います。


要するに,今回の動画の中,水島さんがご説明されているその日本保守たる最低要件は,
次の(1)~(7)の政策を主張して,本気でそれらの実現に努めることだということです。
水島さんたちは,現に,そういった政策の実現に向けて出来得る限り努力されているということでもあるのでしょう。
-----
(1) 皇統護持~男系男子皇統護持,旧宮家(皇籍を離脱させられた11宮家のうちの4宮家)の皇籍復帰。


(2) 緊急事態条項創設改憲での国家主権確保
~憲法改正に伴う緊急事態条項の創設に当たって,パンデミック条約等による日本への主権侵害を認めないこととし,
緊急事態条項の文言上,そういった主権侵害の危険を除去すべきこと。


(3) 国軍創設改憲~憲法改正に当たっての現行の前文・9条2項の撤廃。
(憲法改正で,現行の前文・9条2項を残したままの9条3項への加憲としての自衛隊明記ということを認めないこと。)


(4) 国政選挙での小選挙区制を中選挙区制へと移行すべきこと。


(5) 自衛のための核武装。


(6) 消費税の0パーセント化。


(7) LGBT理解増進法の廃止。
-----


水島さんの上の(1)~(7)の政治的なご主張について,私なりの評価は次の通りです。
-----
天皇・皇族中心主義(過度の復古趣味) ⇒ (1)
反グローバリズム(比較的軽度の反メイソン志向) ⇒ (4)(7)
日本独立志向(重度の反メイソン志向) ⇒ (2)(3)(5)(6)
-----


日本保守党参政党などの明確な似非保守勢は,次のa~dの各点からして,
決して本気で長期にわたっては,同時に上の(2)(3)(5)(6)を主張して日本の自存・独立を呼びかけるといったことはないように見受けられます。
-----
すなわち,彼ら似非保守勢というのは,
a. EUやWHO,国連などといった国際機関の多くや,特にG7という枠組み,またバイデンにせ大統領,気違い中共,ゼレンスキー大統領,イスラエルなどというのが,
メイソン・システム上の,世界支配のための道具に過ぎない,という主張を欠いている。
b. そもそものこととして,欧米イルミニズム文明に対して,肯定的な評価を与えている。
c. 特に,ウクライナ紛争について,ロシアによるウクライナ派兵以前のマイダン革命の頃からの,ウクライナによるロシア系住民への蛮行の積み重ねという史実を無視又は軽視して,
「プーチンの悪魔ガー」との姿勢である。
d. 特に,要は安倍信者であり,
[i]国防軍創設改憲が必要な現状で,自衛隊明記改憲を主張され,
[ii]日本単独での核武装が必要な現状で,米国との核共有を主張されていた点で,似非保守だった安倍元首相に好意的な評価を与えている。
-----


彼ら似非保守勢の支持者らというのは根本的に,無批判に欧米イルミニズム文明を受け入れているようであり,
私には,そういった支持者らは,似非保守勢のリーダーらが部分部分,口先だけでLGBT理解増進法や毒・にせワクチン接種などといった親メイソン政策に抵抗して(又は,抵抗するふりをして),
「LGBTガー」「グローバリズム勢ガー」とわめいていることについて,
なぜそんなことをするのか,その意味を理解していないように思えます。


私の考えでは,本気で国際秩序の一極化を崩し(先ずはG7信仰・国連信仰をやめ),多極化させていくことを呼びかける勢力だけが真正の保守勢力です。
日本文明・文化を守るということは,盲目的に国際秩序の一極化に組して,日本国内でや他国へと働きかけることをしないということでもあります。
それ以外の保守的に見える勢力というのは,日本国内の左派との間や,メイソン勢からすると独裁的なロシアや中共などとの間でのプロレス論陣を張りながら,
人々にはプロレスとは悟られないよう,終極的な世界支配に至るまでの進み具合を調節しつつ論戦を仕掛け,
これによって国際秩序の一極化に協力しているに過ぎない似非保守勢です。


似非保守勢のリーダーらを支持する支持者らというのは,もしリーダーらの口先だけでの主張を心底から信用しているならば,
リーダーらの主張の矛盾に気づかず騙されているということです。
リーダーらの各々に,もし道義なり信義なりを守る感覚があるとするならば,
[i]自らの主張に矛盾がないこと・嘘がないことが徹底されているはずであり,
[ii]また自らの主張に含まれる矛盾や嘘に気づいた時には,何かの謝罪の言葉を発するとともに,矛盾や嘘を訂正することというのがあるはずです。



From Micky the Miracle (2/6) (文字数制限のため6分割)


そういった似非保守勢のことにつきそれはそれとして,
私には,水島さんはよく分かっていらっしゃらないように見えるのですが,
水島さんたちの立場からすると,上の(1)の皇統護持のご主張の中で触れられる皇族旧皇族のことについては,
本当はどう考えるべきなのか難しいのをご存知ではないのでしょうか。


といいますか,私としましても,昭和以前の歴史を少したどってみて,初めて分かったところがあるのですが,
本当に水島さんたちは,天皇・皇族旧皇族にかかる問題の本質を理解されていらっしゃるのでしょうか。
率直なところ,「水島さんたちは,少なくとも明治期以降の天皇や皇族については,
日本国民が奉るべきものとして美化し過ぎであり,
日本精神の中心はこうあるべきだというような思いを膨らませ過ぎだ」と思っています。


私としては,そういった水島さんたち天皇教信者たちの誤りをどう表現したらいいのか,2014・2015年来,断続的に考えてきたところがあります。
もちろん,とはいいましても,外国勢力に押されるかたちで男系男子による皇統の継承を崩して,欧州で残存する立憲君主国の多くのように女王を崇めるようにすべきものでもありません。


以下,主には,水島さんたちの立場での天皇教信仰という誤りというのを指摘してみます。



これについて先ず,結論的で要約的なことを言いますと,次の通りです。
-----
a. 明治期に設立された東京倶楽部(1884年設立),日本倶楽部(1898年設立),華族会館(1874年設立,現・霞会館),交詢社(1880年設立)などといった上級国民専用の社交クラブが現在も存在していて,
皇族・旧皇族がそういったものに参加されていることからすると,
天皇・皇族・旧皇族は一体として見ると,メイソン・システムに取り込まれていると判断し得る。


b. 水島グループによる,天皇以外の皇族・旧皇族を崇めることを日本国民に強要するかのような政策のご主張(上の(1))は,上のaからして親メイソン的なものとなっていて,
そういった親メイソン的なご主張は,ほかのあらゆる反メイソン的な政策のご主張(上の(2)~(7))と相容れない。


c. 東京周辺にいる本物のインテリ層であって,上級国民用の社交クラブへの参加を欲しないような人たちの多くというのは,
上のa・bのことに気づいていて,
このことというのは,水島グループがどんなに頑張ったとしても,その勢力の拡大に至らない状況を生じさせる一因となっているのではないか?
-----



私が上のa~cのような要約に思い至ったことついてより詳しく説明します。


私がここ1年ぐらいの間にじっくり読んでおりました本に,次の[i]~[iii]のものがあり,
その主な目的というのは,「昭和前期以前の人たちは,政治に関して何をどう考えていたのであろうか?」,そういった疑問に対する回答を見つけることでした。
-----
[i] 四王天延孝著『四王天延孝回顧録』 [1964]
[ii] 児玉誉士夫著『われ敗れたり』 [1949]
[iii] 近衛文麿手記『平和への努力』 [1946]・『最後の御前会議』[1946]
(特に『平和への努力』については,国立国会図書館デジタルコレクションのサイトで無償公開されています。)
-----


そうしたところ,そのうちの[i][iii]で偶然見つけたのですが,
特に東京倶楽部(又は東京クラブ)について触れた記述があります。
ウィキペディアでの解説によりますと,
その東京倶楽部というのは1884年に設立された社交クラブということで,
現在の理事長は武田恒治氏と,また名誉総裁は常陸宮正仁親王とあります。
また,「『立派な紳士であること』が入会条件で、会員は旧華族や皇族の他、政・財・官の大物など多岐にわた(る)」ともあります。


東京倶楽部以外の上級国民の社交クラブには,日本倶楽部・華族会館・交詢社などがあるようです。
もちろん私は,それらの社交クラブの会員全員がメイソン化しているとまで思っているわけではありませんが,
そういった社交クラブがメイソンの巣窟となっていてもおかしくないように思えます。
またもちろん,そういった社交クラブの会員がメイソンであるか否かが重要なのではなく,
そういった社交クラブの会員というのが,メイソン思想――要は,国際主義且つ唯物志向――に傾倒しているか否かが重要です。


なぜ,私がそういった上級国民の社交クラブの話を重要と考えているのかといいますと,
現代の我が国でのこととして,例えば,東京倶楽部での人脈を通じて,財界人らが一部の皇族らやその他の上級国民の賛同を得ているからこそ,
そういった財界人らはまとまって日本政府にに対して,何かの親イルミナティ政策・親メイソン政策の促進を働き掛けることができるところがあるように思えるからです。
といいますか,そういった上級国民たちの政治的行動の動機というのは,ただただドル基軸通貨体制が揺らぐのが困るからということもあり得ます。
明治期に英国を真似て,そういった上級国民の社交クラブが設立されたことからしますと,
江戸時代以前の皇族らというのは,広く俗界中の上級国民らと交流を持つといったことはなかったように思えます。


メイソン配下にあったGHQは,1946年1月4日発令のSCAPIN-548によって,
強制的に,一定の秘密的,軍国主義的,極右的又は反民主主義的な結社・組織というのを解散させましたが,
戦後も上のような上級国民の社交クラブが存続してきたというのは,それぞれがその明治期の設立当初から親メイソン的であり続けるからこそであるようにも思えます。
こういった社交クラブというのが,日本の人々の広くには知られないかたちで,
明治期の設立以降,現在にあっても,政・官・財に皇族・旧皇族・旧華族を加えた癒着構造を支えているということはあり得ないでしょうか。



要するに,私には,明治以降の天皇・皇族らというのは,一体として見ますと,
メイソン・システムに取り込まれているように思えます。
つまり,水島さんたちの上の(1)の皇族・旧皇族に触れるご主張というのは,
今上天皇陛下や秋篠宮殿下から通常受ける印象とは異なって,日本の一般の人々からはよく分からない大いに親メイソン的であり得る人物らをも盲目的に崇めさせることととなるものです。
水島さんたちの(1)のご主張は,(2)~(7)のご主張とは異なって親メイソン的なのです。


私には,特に東京周辺の本物のインテリ層の多くは,水島さんたちのご主張がそういった矛盾を抱えてるということに気づいていて,
そういった本物のインテリ層の気づきというのが,水島さんたちの運動が,はや20年前後のことか拡大していかない一因となっているようにも思えます。


似非保守勢との違いを強調されるよりも,先ずは「メイソン勢からの日本独立」ということを強調されたほうが好ましいようにも思えます。
左派にも,無党派層にも,政治に無関心層にも,反メイソン勢力が,それを堂々公然と口にできるかどうかはともかく存在していることでしょう。


分かりやすいのは,例えば,自称フィクサーC氏や,リチャード・コシミズ氏,服部順治氏といった人物らが,10年以上になるのか長年のこととして,
一見,抗イルミナティ的・抗メイソン的に,日本の独自性維持の必要性・日本独立の必要性などを唱えつつも,
とはいえ,そういったこととは矛盾するかたちで,お花畑主義的に日本の軽軍備維持なり軍備削減なりを主張していて,
更に,とはいえ,ネット上で見る限り,矛盾に気づけない人々から一定の支持を集めているようです。
こういった,矛盾に気づけない人々というのは,無党派層・政治に無関心層を形成している可能性もあるはずです。



From Micky the Miracle (3/6) (文字数制限のため6分割)


近年,なぜ,メイソン配下と思しき似非保守勢・似非反グローバリズム勢が,新興の似非保守政党を作りたがるかという理由ですが,
それは,メイソン勢のほうで,「(55年体制来の,又はこれを多少修正した)既存の政党が駄目だ」と感じた日本の人々というのが,本格的な日本独立志向の勢力として結集するのを嫌がっているからだと思われます。


つまりメイソン勢は,そういう「既存の政党が駄目だ」と感じた日本の人々というのを,メイソン勢にとって無害化するために,
そういう日本の人々を,メイソン勢配下の新興政党に取り込もうとするということです。
近年,メイソン勢から見て,そこそこ,そういう取り込みに成功している例というのは,当初保守的なイメージもあった維新勢です。



私は,似非保守系・似非反グローバリズム系の新興政党には,主には2つの系統があるように考えています。
その2つの系統というのは,著名なメイソンT氏につながる勢力(勢力T)と,自称フィクサーC氏につながる勢力(勢力C)とです。
-----
[勢力T]
勢力Tというのは,国際ユダヤ・英米メイソン勢であり,
ドル基軸通貨体制が揺らぐのが困る連中らが,上層部にいるように見える。
そういう上層部が,本当のところはドル基軸通貨体制が揺らいでも大して困らない人々を騙して,従米を扇動しているようでもある。
日本保守党参政党がこちらに含まれるように見える。


[勢力C]
もう一つの勢力Cというのは,国際ユダヤ・大陸メイソン勢に見え,
また,自民党内外の一見保守的な勢力のうちの比較的リベラルな勢力を抑えてきたようにも見える。
NHK党やつばさの党,みんなでつくる党がこちらに含まれるように見える。
-----


もちろん,勢力Tにしても勢力Cにしても双方ともが,日本の軍事強国化をも日本の独立をも嫌がるものです。
したがって,そういったことの阻止を試みるという点では,それら2勢力が手を組むところがあってもおかしくないはずです。



そういった似非保守勢・似非反グローバリズム勢に傾倒する人々の多くというのは,
いずれにせよ,集中力が足りないためということなのか,
「矛盾に気づけない」ということでなければ,「(矛盾には気づけたとしても)騙されやすい」ということです。
「騙されやすい」ということについて別の表現をするならば,重要なこととして次のa・bのことに気づいていないということのようでもあります。
-----
つまり,a. 国際関係を支配するのは,何かの理念や理想ではなく,そういったものの裏に隠されている力であるということにです。
b. また何かの理念や理想の強調というのは,人々を騙し人々の奴隷化・家畜化を深化させるためにこそ行われるということにです。
-----


自らイルミナティ洗脳から解かれたり,人々に解かれるよう働きかけたりするためには,
欧米イルミニズム文明に染まった現代日本にあって通常目にする資料だけからですと,
どれだけ思いを巡らせてみたとしても,自らの内側に強力な独立志向を培うことには限界があるように思えます。


例えば,マキャヴェッリ著 永井三明訳『ディスコルシ――「ローマ史」論』 [2015]という本には,
その第2巻第13章「実力によらず欺瞞の策で,下賤の身から最高の地位にのし上がる者もある」に,
ラティウムの執政官アンニウス・セティヌス(BC4世紀)がラティウム人について語る言葉の一部として,次に引用する記述があります。
-----
「うわべだけ対等の同盟のもとで,その実,奴隷の立場に陥ってしまっている……」
-----


共和政ローマ(BC509-BC27)のティトゥス・リウィウス(BC59頃-AD17)という歴史家が『ローマ建国史』全142巻を著し,
上のマキャヴェッリ本というのは,マキャヴェッリ(1469-1527)が,その『ローマ建国史』の最初の10巻(特に,古代ローマの成立と共和政初期とにかかるもの)について論考したものとのことです。


上の引用中で「同盟」というのは,共和政ローマを含むラティウム同盟(BC7世紀-BC338)(又はカッシウス条約)のことです。
上のラティウムの執政官の言葉というのは,ラティウム人がローマとラティウムとの間の同盟によって,ローマに隷属していることに気づいたことを表しているということです。


このマキャヴェッリ本というのは,そもそも日本人には余り馴染みのない古代ローマでのことを扱っていますが,
古代ローマというのは,王政期(BC753-BC509)・共和政期(BC509-BC27)・帝政期(BC27-AD1453)に区分され,
建国当初イタリア中部の都市国家として形成され,徐々に地中海沿岸へと支配権を拡大していったようです。


そのような古代ローマの発展がある中での上の引用についてですが,その紀元前4世紀当時,次の一連の史実があったようです。
-----
BC4世紀半ば頃,サムニウム人がカンパニア地方を圧迫し,
カンパニア地方にあるカプアは,ローマと同盟を結んでいて,ローマに支援を要請し,
これによって第1次サムニウム戦争(BC343-BC341)が起きた。
結果的にローマは,サムニウム人に対して圧勝した。
その当時,ラティウム人らの部族は,ローマとの間で,一応対等とされたラティウム同盟を結んでおり,
その第1次サムニウム戦争に参加させられた。
ラティウム人らはそういった戦争を通じて,ローマから隷属させられているということに気づき,
ラティウム人らは,対ローマでカンパニア人らと組んで,第2次ラティウム戦争(BC340-BC338)を起こした。
ローマはこれに勝利して,ラティウム同盟を解散させ,ラティウム人ら・カンパニア人らを支配下に置くようになった。
-----


私が何を考えたかといいますと,上の一連の史実というのは,読みようによっては次のように要約できるということです。
-----
ラティウム人らは,うわべ上は対等なラティウム同盟に基づいて,ローマにより第1次サムニウム戦争に駆り出された。
ラティウム人らは,そのラティウム同盟でローマに隷属させられていることに気づいて,ローマに反抗したが,
結局,ローマはその反抗を抑止して,ラティウム同盟を解消し,ラティウム人らを支配下に置いた。
-----


一連の史実の上の要約的内容というのを次のように置き換えますと,
現在の日本国及び日本の人々にとって,かなり不吉なような気がしています。
-----
「ラティウム人」 → 「日本人」
「ラティウム同盟」 → 「日米同盟」
「ローマ」 → 「米国」
「第1次サムニウム戦争」 → 「第3次世界大戦の極東戦線」
-----


つまり次のようになります。
-----
日本人らは,うわべ上は対等な日米同盟に基づいて,米国により第3次世界大戦の極東戦線に駆り出された。
日本人らは,その日米同盟で米国に隷属させられていることに気づいて,米国に反抗したが,
結局,米国はその反抗を抑止して,日米同盟を解消し,日本人らを支配下に置いた。
-----


常識的にいって,流石に形式の上では,日米同盟が解消されることまではないものとは思われますが,
第3次世界大戦の極東戦線が,米国による日本支配の強化に利用されるということは充分あり得ます。
米国なり英米メイソンなりというのは,偽善や似非ヒューマニズムを掲げつつ諸各国へと干渉することによって,諸各国への支配を強化してきたものなのです。



From Micky the Miracle (4/6) (文字数制限のため6分割)


このマキャヴェッリ本について,その原著は基本的にイタリア語で書かれ,ラテン語が散りばめられているようで,
Ninian Hill Thomsonという伊英訳者による英訳本もあるのですが,
原著・英訳本とも,米国Internet Archiveのサイトで無償公開されています。
-----
[原著] Opere di Niccolo Machiavelli, V. 3, "Discorsi: sopra le deche di Tito Livio"
[英訳本] "Discourses on the First Decade of Titus Levius"
-----


和訳本には,先に触れた永井三明氏(1924-2022)によるもののほかに,大岩誠氏(1900-1957)によるものがあります。
ただ,私はイタリア語・ラテン語が読めませんので,明確にどの訳書のどの部分が原著に忠実ではないとは言えませんが,
永井氏の訳・大岩氏の訳のいずれも,Thomson氏の英訳とは若干ニュアンスがずれたところがある印象です。
例えば,上に引用を記した第2巻第13章のタイトルは,Thomson氏の英訳では次のようになっています。
-----
第2巻第13章
XIII. That Men rise from humble to high fortunes rather by Fraud than by Force
(人は,力よりもむしろ詐欺によって,貧者から富裕者へと成り上がるということ)
-----


私のほうで今のところその内容を未確認ですが,このマキャヴェッリ本には,次のような各章も含まれています。
-----
第3巻第6章
VI. Of Conspiracies
(陰謀について)


第3巻第40章
XL. That Fraud is fair in War
(戦争では,詐欺は公正であるということ)
-----



私がこのマキャヴェッリ本を引き合いに出して何を言いたいかと言いますと,
リウィウスの生きた古代ローマ時代でも,マキャヴェッリの生きた中世から近世にかけてということでも,それらの時代のインテリ層の認識に比べますと,
現在の日本の学者ら・評論家ら・ジャーナリストらなどのにせインテリ層というのは,――飽くまでメディアで目にする限りということですが,――
重要な出来事・史実を採り上げ掘り下げる中で,個々人の根源的な善悪にかかる感情を刺激するような論争をするということを避けているようで,
日々,余りにもどうでもいい政治家らの醜態・醜聞や離合集散などを採り上げて,バカげた論争をしているということです。


私の見立てとしては,もちろん,そういった現代日本のにせインテリ層などのバカさ加減というのは,
元々,戦後からなのか,それ以前からなのか,文明的といえば文明的な,根本的なところでの大きな転換があったということなのかも知れませんが,
メイソン勢による誘導があってのことです。


更には,そういったマキャベリ本からうかがえる欧米の統治思想のことというのを前提として,
例えば,マイダン革命の頃からのウクライナ側の蛮行に非があるウクライナ紛争にかかる諸各国の対応・報道や,
武漢肺炎人工パンデミック及びその毒・にせワクチンにかかる諸各国の対応・報道などのことを考えてみますと,
欧米では,古代ローマの時代から現在も変わらず,政治だの戦争だのには騙し合いが入り乱れるものなのであり,
また,人々というのはただただ為政者らの表面的な印象に騙されっ放しであるということのようなのを実感することができます。
国民誰しもに道義なり信義なりが求められるのが当然だった日本は,近年,そういった美風が政官界や学界,報道界などの白痴たちなりにせインテリ層らなりの主導で大きく崩されつつあるところですが,
欧米とは文明・文化の基礎とするところが全く異なっていたはずなのです。


私の見立てでは,似非保守勢・似非反グローバリズム勢のリーダーらというのは,日本人としては当然の道義なり信義なりの感覚を意図して捨て去っているかのようで,
そうした中で従米志向なりお花畑志向なりを扇動しつつ,彼ら各自の勢力への人々の取り込みに躍起になっています。


水島さんやその率いられるくにもりといった天皇教信者の皆さまというのは,
公人らや,その周辺で騒ぐにせインテリ層らについてのバカさ加減にはお気づきのようには見えるのですが,
とはいえ,にせインテリ層らのバカさ加減について,正確に事実を確定した上で善悪なりどう行動すべきかなりにつきとことん議論することをあきらめていらっしゃるためなのか,
日本国民を挙げてのかたちで,天皇・皇族を善悪なり道徳なりの象徴として奉ることを夢見ていらっしゃり,
そう奉りさえすれば政治が浄化される,政治や社会に道義なり信義なりが取り戻されると信じていらっしゃるようにも見えます。



なぜ,私が上のマキャヴェッリ本の記述を確認しようと考えたかといいますと,
William Allenというペンネームの著者によって著された"Killing No Murder"(「殺すのは殺人にあらず」) [初版1657年]というパンフレットに,
上のマキャヴェッリ本第2巻第13章を参照するよう記されていたからです。
このパンフレットも,米国Internet Archiveのサイトで無償公開されています。


1649年1月30日にチャールズ1世が,でっち上げの裁判所での判決に基づいて斬首刑にかけられ,
その後8年ほどして,このパンフレットが出版されました。
大よそ,その前後の出来事を示す年表は次の通りになります。
-----
[1600年代の英国での主要な出来事]
-----
42~46 第一次イングランド内戦
45 ニューモデル軍創設
47 クロムウェルとプラットとの間の往復書簡
48~49 第二次イングランド内戦
48/12/6 プライドのパージ
49/1/9 チャールズ1世を裁判にかけるための高等法院設立
49/1/30 チャールズ1世の公開斬首
52~54 第一次英蘭戦争
55/12/14(?) メナセ・ベン・イスラエルの再定住許可
57 Killing No Murderの出版~クロムウェルの暗殺を扇動
57/11/20 メナセ・ベン・イスラエル死去
58/9/3 クロムウェル死去
60 チャールズ2世のブレダ宣言
60~85 王政復古
61 クロムウェルに関する真実の暴露と,クロムウェル・アイアトン・ブラッドショー3人の遺骸に対する絞首刑およびそれに重ねての斬首刑の執行
65~66 大疫病
66 ロンドン大火
65~67 第二次英蘭戦争
72~74 第三次英蘭戦争
83 ライハウス陰謀事件(チャールズ2世とヨーク公(ジェームズ2世)との暗殺未遂)
85 チャールズ2世死去によるジェームズ2世即位
85 モンマスの反乱
88 オレンジ公(ウィリアム3世)のトーベイへの上陸と,ジェームズ2世の退位
89 ウィリアム3世とメアリ―2世の即位(名誉革命)
90 ボイン川の戦いでウィリアム3世がジェームズ2世を破る
94 イングランド銀行の創設~ユダヤの金貸しらによる英国中央銀行の支配
-----


最終的に1694年のイングランド銀行の創設によって,英国は完全に国際ユダヤの配下に置かれることになります。
このイングランド銀行の創設は,英国王室が国際ユダヤから主には戦費として借りた金銭を清算していくために認めざるを得なかったもののようです。
ピューリタン革命でのクライマックスとして1649年にチャールズ1世の斬首があり,
その後10年ほどして,右派からの反動があって,王政復古へとつながっていき,
しかしながら1689年に名誉革命があって,その1694年のイングランド銀行の創設で左派革命が完成する。
英国で1640年以降,実に,色々な出来事が引き起こされていて,
それらの出来事の多くというのは実のところは,国際ユダヤによる英国支配の強化か,それへの抵抗・反動かのいずれかを意味している。
非常に興味深いところです。


上の年表に示したイングランド革命以降のことですが,
基本的に諸各国での左派革命の成功というのは,その国で国際ユダヤによる支配が一応確立したということを意味するものです。
ピューリタン革命に加えて名誉革命が必要になったというのは,
王政復古期のチャールズ2世・ジェームズ2世は国際ユダヤに従順でなかったところがあるのに対し,
ウィリアム3世・メアリー2世は従順だったということなのでしょう。



From Micky the Miracle (5/6) (文字数制限のため6分割)


ピューリタン革命に当たってクロムウェルらは,アムステルダム銀行の出資者として集まっていた国際ユダヤに資金支援を受けたようですが,
1647年のクロムウェルとプラットとの間の往復書簡というのは,そういったクロムウェルへの資金支援の存在を証拠づけるものとされています。


クロムウェル革命政権のもと,特に1657年の"Killing No Murder"の出版というのは,
当時の護国卿(斬首したチャールズ1世に替わる国家元首)だったクロムウェルの暗殺を扇動したものです。
このパンフレットの出版と関係あるのかないのか,クロムウェルは翌年1698年に59歳で死去することになります。


パンフレットで主張された内容というのは要は,
「(偽装された民主政での)独裁者は殺されるべきで,殺すのは正当である」といったようなものです。
私としては今後数か月内にでも,次回の衆議院議員選挙に間に合うように(?),よく内容を確認して,より詳細にその内容を紹介するつもりでいます。
そういった民主政を装う独裁の構造というのは,その頃の英国でも,現在の日本でも余り変わらないもののように思えます。
もちろん,ここにいう「独裁」というのは,メイソン勢が重要だと考えている政策について,民意は反映される余地がないということです。


クロムウェルにしましても,その内政での人々を苦しめる失政について,彼への人々の支持を挽回させることを目的とするかのように,派手な外交での成功が演出されたようです。
こういった点にしましも,「外交に強い安倍」等のどうでもいい印象を強調する安倍信者らというのは騙されやすいということです。


あと,私のほうでのこのパンフレットについての興味深い疑問というのは,
このパンフレットの出版というのが,[i]純粋に,クロムウェルらの左派革命に対する右派からの反動によるものだったのか,
それとも,[ii]国際ユダヤが,一定の役割を果たし用済みメイソンの類として存在価値の無くなったクロムウェルをパージしようとしたものだったのか,ということです。


クロムウェルがメイソンそのものだったかどうかというのは,以前から議論があるようです。
例えば,Albert Mackey (1807-1881) 著 "The History of Freemasonry" 第2巻 [1906]の第32章のタイトルは,
"Oliver Cromwell and Freemasonry"となっています。
こちらの本も,Internet Archiveで無償公開されています。



そうそう,そういえば,水島さん,稲垣さんたち,
英国での左派革命に対する右派からの反動ということにつきましては,
上に記した「護国卿クロムウェルを殺せ!」との扇動パンフレットの出版以外に,次のような強烈な史実があります。
-----
[1600年・1662年の英国での右派からの反動]
-----
1660-1662 チャールズ1世にかかる国王殺しについての裁判と処刑
1660/10/10 国王殺し裁判での起訴状朗読,罪状認否
1660/10/11 国王殺し裁判でのトーマス・ハリソンに対する被告人質問,首吊り・内臓抉り・四つ裂きの刑の言い渡し
1660/10/13 国王殺し裁判の判決に基づくトーマス・ハリソンに対する首吊り・内臓抉り・四つ裂きの刑の執行
1660/12/4 仮議会でタイタスがオリバー・クロムウェル,ジョン・ブラッドショー,ヘンリー・アイアトン,トーマス・プライドの遺骸を絞首刑にする必要がある等を主張
1661/1/30 チャールズ1世の斬首からの12周年に,クロムウェル,アイアトン,ブラッドショーの掘り出された遺骸が死後処刑される。
(その後1685年まで,クロムウェルの切断された頭部がウェストミンスター・ホール(チャールズ1世の裁判が行われた場所)の外側のポールの先に突き刺されて展示。)
-----


人類の歴史に照らしますと,
特に稲田朋美議員・古屋圭司議員・新藤義孝議員といった似非保守議員の議員事務所の前などで,少々どすを利かせてシャウトするぐらいのことは,
全く可愛らしげなことといえます。


水島さん,稲垣さんたちにお勧めなのは,
今週は稲田事務所前 → 来週は古屋事務所前 → 再来週は新藤事務所前といったようなことを,毎週毎週とりあえず次回衆議院議員選挙まで繰り返していかれ,
自力でそういった落選運動を,より大きな国民運動・政治運動へとつなげていかれることです。


もちろん,白痴の岸田首相の議員事務所の前でも,同様の落選運動をされることが好ましいです。
もしご関心があるようでしら,次のことというのを検討されるのも好ましいことです。
-----
現憲法というのが,"Killing No Murder"を真似た内容のパンフレットの配布というのを,政治的表現の自由なり,抵抗権の行使なりとして容認しているか否かということ。
-----



というようなわけで,今回の動画について,確かに,「明確な似非保守勢とは差別化を図りたい」という水島さんのご主張の意図は分かるのですが,
ただ,「水島グループ vs 似非保守勢」というのが,飽くまで保守勢の中での争いということになりますと,
水島グループの国民運動・政治運動の全体が狭量・矮小なものになるところがあるように思えます。
仮に日本人のうちで,保守・リベラル・左派などにこだわることが下らないと考えている人々というのが,少なめに見積もって3割いるとしますと,
水島さんたちは,自らを保守とレッテル張りすることによって,そういった3割の人々から排除されるようにも思えます。
また天皇制そのものに反対という左派というのも,少なめに見積もっても1~2割はいるのではないでしょうか。
そうしますと,自らを保守とレッテル張りすることというのは,もうそれだけで,4~5割の人々から無視又は軽視されるということを意味するものとも思えます。


水島さんたちによる「保守派じゃなければ日本人とは認めない」「天皇教に入信し天皇・皇族・旧皇族を崇めなければ日本人じゃない」と言わんばかりのご主張は,
私からしますと,「本気で日本を独立させたいのなら,わざわざそんなことを言いふらす必要があるのか」とも思えます。
私は,保守勢か否かよりも,日本の実質的な独立を目指すか否かが重要だと考えています。
「日本を実質的に独立させたい」と言えば,それに向けて主張すべき政策は概ね決まってくるものだとも思えます。


米国やロシアは君主を崇めているわけはないにもかかわらず,根強い反-国際主義者勢が存在していて,
日本には君主が存在するにもかかわらず,根強い反-国際主義者は少ないという現実があるわけですから,
私としては,水島グループはそれほど過剰に天皇・皇族・旧皇族崇拝趣味を醸し出されなくてもいいように思っています。
水島さんたちに本気でお考え頂きたいのですが,
水島さんたちに公然と保守を自称させ,繰り返し繰り返し日本の人々に向けて天皇・皇族・旧皇族崇拝を説かせることというのは,
上に言った日本人の3割なり4~5割なりというのを日本独立志向に向かせないためのメイソン勢による工作でもあり得ます。



あと,そう,水島さんたちは,上の(1)の皇族・旧皇族に触れるご主張ということが,他の(2)~(7)の主張との間で矛盾を生じていることを自覚されているのかなというところもあります。
先ずは水島さんたちは,もし道義や信義を大切にされるというのなら,
日本保守党参政党などの明確な似非保守勢のような,主張に矛盾が含まれている状態というのを解消すべきです。
といいますか,彼ら似非保守勢・似非反グローバリズム勢のリーダーらというのは,天皇・皇族・旧皇族というのが一体として見ると,メイソン・システムに取り込まれているということを重々認識しているからこそ,
リーダーら自身承知の上,適当な保守ごっこを匂わすかたちで商売しているのかも知れません。



From Micky the Miracle (6/6) (文字数制限のため6分割)


水島グループの現状のご主張にある矛盾の解消についてですが,
例えば,更なるご主張として,憲法上,明治憲法のようなものかどうかはともかく,天皇に特殊な統帥権を与える等して,
天皇が,日本独立を阻害しているメイソン化等した日本国公人を自在にパージすることができるようにすべきというのなら,
私としては,天皇・皇族が強化され肥大化していくのは全く問題ないように考えています。
明治憲法下では統帥権を有し本来日本国・日本民族を守るべき存在だった天皇について,その象徴化・実質的無機能化こそが,
そもそものGHQの謀略であったはずです。


ついでに言いますと,私の考えでは,少なくとも日米開戦につき日本側の責任は昭和天皇にあります。
なぜなら,昭和天皇(親-英米メイソン勢)は第3次近衛内閣の頃までに統帥権を行使して,支那なりフランス領インドシナなりから陸軍を撤兵させるということをしなかったため,
そのことというのが実質的に,1941年4月~10月の近衛首相・ルーズベルト大統領間での日米交渉の破綻を招いたからです。
当時の近衛首相は最終的に,同年10月14日夜に荻窪の自宅で,
東條陸相(嫌-英米メイソン勢,また親-大陸メイソン勢)からの伝言を鈴木企画院総裁から伝えられるかたちで,
辞職勧告されて辞職せざるを得なくなったのですが,
親米とも評されたこの第3次近衛内閣の総辞職が日米交渉の破綻を意味します。


ここ1~2年の間にチャンネル桜周辺で,昭和天皇に統帥権があったということの意味をよく分かっていらっしゃらないコメンテーターの方々というのが少なくとも2人,
恐らく当時の史実を丁寧に確認することなく,
「赤の手先 近衛ガー」といったことをまくし立てていらっしゃるのを目にしたことがありました。
それらの方々が似非保守勢からのチャンネル桜への浸透勢でないのであれば,それらの方々には,今一度よく史実を確認して頂きたいものです。


あと,そういえば,その2人とは別に,少なくとも3人,チャンネル桜の周辺に,「国際陰謀はない」と主張されているコメンテーターの方々がいらっしゃるようです。
そういった方々につきましては,視聴する人々に向けて氏名を表示する三角席札を,通常の白地ではなく赤地にする等して,
真実通り「国際陰謀はある」とお考えの方々と明確に区別すべきです。


(当時華族の最有力者で公平さ・正直さの感覚があった近衛文麿氏は,大東亜戦後に円滑に華族制度が廃止されるようにするためにも,
意図的に,大東亜戦争について種々の濡れ衣を着せられるよう政治的に誘導されたのです。
私のこういった近衛論が誤っているとお感じの方には,先ずは『平和への努力』 [1946/4/1]を熟読されることをお勧めします。
その『平和への努力』中の日米交渉期にかかる部分は,『平和への努力』よりも先に出版された『最後の御前会議』 [1946/2/20]での近衛氏の手記として著された部分と同様です。
この『最後の御前会議』の編集後記には,次の通り記述されています。
(次の引用中,()内は私のほうで補ったものです。)
-----
この手記は(近衛)公の側近者の談によれば,
公が記憶の薄らがないうちに後世に史実を残す意味で,昭和16年(1941年)末からボツボツ書き始め昭和17年(1942年)春に脱稿したものを千代子夫人(1896-1980)が清書した,といわれる。
本来の標題は『第2次乃至第3次近衛内閣における日米交渉の経過』であるが,
記者は考えるところあって,『最後の御前会議』とした。
恐らく,封建日本の持つ一切の矛盾は,昭和16年(1941年)9月6日の御前会議に集約的に表現されているからである。
-----


書名『最後の御前会議』にある「最後の」というのは,近衛氏にとって最後になったという意味であり,1941年9月6日の御前会議のことです。
私の見立てでは,この御前会議において近衛首相の目前で,親-英米メイソン勢の昭和天皇・海軍と,嫌-英米メイソン勢の陸軍との間でプロレスが展開され,
このプロレスによって,この御前会議で決定されるものとして陸軍参謀本部・海軍軍令部のほうで用意された『帝国国策遂行要綱』の一部として,
「外交交渉により10月上旬頃に至るもなお,我が要求を貫徹し得る目途なき場合においては,
直ちに対米(英・蘭)開戦を決意する」と,日米交渉に期限が設定されることについて,
議論が尽くされなかった,
そういうプロレスの意味に気づけなかった近衛首相が,後に窮地に立たされることとなったのではないか?,ということです。
この御前会議がどのような意味を持っていたのかについては,またいずれ説明します。)



東京倶楽部などの上級国民用の社交クラブのことは1つの論拠であり,
また別の1つの論拠として稲垣さんに向けて,動画「10.24 【チェスト!くにもり 稲垣ひでや】」のコメント欄で,睦仁親王すり替えのことにつき少しコメントしたのですが,
近々数週間~数か月以内には,私が天皇・皇族・旧皇族が,一体として見るとメイソン・システムに取り込まれていると考える現状全部で6つほどの論拠について説明するつもりでいます。


もちろん,私のほうからメッセージを数通送りつけるぐらいでは,
天皇教信者の方々を,そうそう容易には,単に,神道及び仏教の伝統的な教えを尊重する愛国者レベルにまで変節させることはできないようには思っていますが,
ただ,水島グループの幹部の皆さまのほうで,余り狂信者集団的なのは,もうそれだけで,日本の人々の4~5割から敬遠される可能性があるということの意味をよく考えられたほうがいいように思っています。


日本にいるコアなメイソン勢なんかは,多めに見積もっても数十万人ではないでしょうか。
そんな連中は,日本の人々が目覚めて本気を出したとすれば,どうにでもパージできるものでしょう。
もちろん,とある集団で何かの強い思いを共有することというのが偉大な行動の原動力になり得るといったことは,一般的には理解できるのですが,
とはいえ,水島グループの皆さまのほうでの,「天皇教信者じゃなきゃ,日本人じゃない」とかいったような,それほど狂信的な復古趣味というのは,
メイソン思想の全否定や,国民運動・政治運動・落選運動にとって必要なのでしょうか?,ということです。



以上です。
私としては今後とも,こういったかたちでということになりますが,
水島グループの国民運動・政治運動・落選運動(特に,いずれも似非保守で白痴の稲田議員・古屋議員・新藤議員に対する右派からの反動,又は右派からのプチ革命)を応援していくつもりでいます。



--------------------
[関連資料]


※. いつからなのか,YouTubeのコメント欄には,URLを貼り付けることができなくなっています。
上記メッセージについて,適宜,次のリンク先の各資料をご参照下さい。


〇 【直言極言】日本保守の最低要件はこれだ![桜R5/11/23]
https://www.youtube.com/watch?v=1tb6oBbLHRw&list=PLApqqGZRUe5oBvSaan74v1eWk3w4ZiHwV&index=115&ab_channel=%E6%96%B0%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%96%87%E5%8C%96%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB%E6%A1%9C
/ https://bit.ly/3Rf1yWm


〇 12.5 【チェスト!くにもり 稲垣ひでや】 「理性と狂気」#明治維新#伝統と創造#ニーチェ#原田伊織#司馬史観#荻生徂徠#本居宣長#白川静
https://www.youtube.com/watch?v=Y-NsRUqtkfw&list=PLApqqGZRUe5oBvSaan74v1eWk3w4ZiHwV&index=129&ab_channel=%E9%96%A2%E8%A5%BF%E3%81%8F%E3%81%AB%E3%82%82%E3%82%8A%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB
/ https://bit.ly/3Ni8IIu


〇 ウィキペディアの解説ページ「東京倶楽部」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%80%B6%E6%A5%BD%E9%83%A8
/ https://bit.ly/46Q9wLm


〇 ウィキペディアの解説ページ「日本倶楽部」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%80%B6%E6%A5%BD%E9%83%A8
/ https://bit.ly/3TgffqY


〇 ウィキペディアの解説ページ「霞会館」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%9E%E4%BC%9A%E9%A4%A8
/ https://bit.ly/3tbKYyY


〇 ウィキペディアの解説ページ「交詢社」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%A4%E8%A9%A2%E7%A4%BE
/ https://bit.ly/3Nj078g


〇 『平和への努力』 [1946/4/1] by 近衛文麿 (1891/10/12-1945/12/16)
https://docs.google.com/document/d/1AX0SHNQpcYFwoEsxqF_FOKA8IJQvATkH/edit?usp=sharing&ouid=101459707451073275716&rtpof=true&sd=true
/ https://bit.ly/46wSdzs


〇 『最後の御前会議』 [1946/2/15] by 近衛文麿 (1891/10/12-1945/12/16)
https://docs.google.com/document/d/1w0uOLrEzMzRlnMI83YUFICFqJuSA_2zg/edit?usp=sharing&ouid=101459707451073275716&rtpof=true&sd=true
/ https://bit.ly/3t7BLHE


〇 SCAPINについての調査・研究
https://docs.google.com/document/d/1h__UvPOY3RIU1KuM80gQ2Teg7FLd8dQN/edit?usp=sharing&ouid=101459707451073275716&rtpof=true&sd=true
/ https://bit.ly/3PKybZo


〇 マキャヴェッリ(1469-1527)著 永井三明(1924-2022)訳
『ディスコルシ――「ローマ史」論』 [2015]からの一部引用(第2巻第13章)
https://docs.google.com/document/d/1sDxsJaOssUiynKJJIdXsb_98CrNus6tL/edit?usp=sharing&ouid=101459707451073275716&rtpof=true&sd=true
/ https://bit.ly/49V6CrG


〇 Opere di Niccolo Machiavelli, V. 3, "Discorsi: sopra le deche di Tito Livio"
https://archive.org/details/operediniccoloma03mach/page/n7/mode/2up
/ https://bit.ly/477RKVw



〇 Discourses on the First Decade of Titus Levius [1883 (原著初版1517)]
(ティトゥス・リウィウスの最初の10巻に基づく論考)
by Niccolò Machiavelli (著者,1469/5/3-1527/6/21)
& Ninian Hill Thomson (伊英訳者,1830-1921)
https://docs.google.com/document/d/1N9rtE8wOjsdJ_h4x40GlouGLoHN3QQRV/edit?usp=sharing&ouid=101459707451073275716&rtpof=true&sd=true
/ https://bit.ly/3yh3NzE


〇 KILLING NO MURDER: Briefly Discoursed In Three Questions.
By Col. Titus (1623年~1704年), alias William Allen
https://drive.google.com/file/d/1I9crxOf9jZkdGeDoa1tkUDT3M_ZWTuap/view?usp=sharing
/ https://bit.ly/2JiBBmk


〇 Albert Mackey (1807-1881) 著 "The History of Freemasonry" 第2巻 [1906]
https://docs.google.com/document/d/1VGEVfCTdINjMqmNNkWncQcCRxGGJYCPc/edit?usp=sharing&ouid=101459707451073275716&rtpof=true&sd=true
/ https://bit.ly/3Rdkvc3


--------------------



----------------------------------------
「お友達たち🐑も気づいてるとは思うんだけど,新興の幾つかの似非保守政党(又は政党設立を準備している政治団体)は,親-英米メイソン系と,親-大陸メイソン系との2系統のいずれかに分けられるね。
それら2系統の似非保守政党のいずれかを『真正の保守勢だ』と勘違いして支持してる支持者らというのは,主には,
リーダーらの政治的な主張に種々の矛盾があることに全く気づけないタイプB1と,
リーダーらの政治的な主張に矛盾があったら気づけるつもりでいて,でも騙されやすく偽善や似非ヒューマニズムに丸め込まれるタイプB2とに分けられるんじゃないかな。
一応真正に見える保守勢力というのも存在していないわけじゃないけれど,
私には,その保守勢力からは,どこか『天皇教信者じゃなきゃ,日本人じゃない』といった過度の復古趣味が感ぜられ,
だから,『そういうふうに狂信的なままだと,日本のためにと熱心に取り組んでいらっしゃる割りには,党勢拡大の望みが絶無じゃないかな』と心配してるところがあるよ。
とはいえ,その保守勢力が力を入れていらっしゃる,とりあえず3人の自民党似非保守議員(右派を偽装した左派議員)についての落選運動というのを,右派からの反動又は右派からのプチ革命として応援してはいるんだけどね。
あと,今のところ,そういう似非保守議員の落選運動に加えて,メイソン専制に対する有効な抵抗方法というのは,
現憲法が許容する政治的表現の自由なり抵抗権なりの範囲内で,1657年に英国で初版出版の"Killing No Murder"を真似て,その現代日本版というのを出版することかな💕✨✨」
https://mickythemiracle.muragon.com/entry/38.html
/ https://bit.ly/47PtebE
----------------------------------------
『日本統治適正化に向けた最先端草莽意見集』
(末尾に記した「お友達たちお一人お一人の魂の救済に向けた最短最良の覚醒文書」から確認されることをお勧めするよ💞。)
https://docs.google.com/document/d/1oMOszQkrKoX3U9S7K2mz--XfwDrqL6x1/edit?usp=sharing&ouid=101459707451073275716&rtpof=true&sd=true
/ https://bit.ly/3swmBZ4

----------------------------------------

Appendix

AllMyLinks




特撰💖YouTube再生リスト

〇適当な音楽音楽がないお友達ムードには,次のYouTube再生リスト映>画がお薦めかな揺れるハート。「『プロモーションビデオは騙し』とまではいわないにせよ,米英には,何でこんな自力のない女性シンガーとか多いのかな?」とか思ってたんだけど,自力なくてもヒットするは,イルミナティ☠の力なんだって。
といえ,それら動画の中で,可愛らしい半裸の女性が踊ってたりすると,彼女らが相当の音痴でも,男性なら見入ってしまうね。
あまり才能のない人に近寄っていって上手く操縦するのは,創価学会も似た感じなのかな。

http://goo.gl/OVd5eV

〇米欧イルミナティ☠洗脳からの解放~世界の人々は,イルミナティ☠&フリーメイソンお化けの存在とその危険性をよく実感すべきだね。次の再生リストの最初から80本ほどの動画を見ると,それがなぜか分かってもらえるかな。
https://is.gd/Gf4RIV

思い切ってそれら80本ほどの動画とかの重要史実をざっくり要約すると,次のツイートの感じになるよ。

それで,どうすればいいのか結論を言ってしまうと,次のツイートの感じかな。
80本ほどの動画のうち,特に次の2本,
「G. Edward Griffin - The Capitalist Conspiracy」,
「小児虐待儀式を告発元FBIロサンゼルス支部長テッド・ガンダーソン」には,イルミナティ☠の邪悪の本質がよくまとまってるね。
http://bit.ly/1SvStUr

http://urx.red/ub41

次の動画「Adolf Hitler vs The Jew World Order」も,上の私の2つ目のツイートの結論と似た感じだけど,かなり衝撃的な内容だよ。 第二次大戦も,近代以降の他の大きな戦争と同様に,イルミナティ☠の金儲けのために引き起こされたものだけど,戦後のイルミナティ☠メディアによる大衆洗脳に騙されることなく,ヨーロッパでヒトラーが何を考え何をしたのか,一人一人,一度は真実を追い求めてみるべきだね。
http://urx.blue/ucPp

もちろん,立憲主義も,人権も,権力監視も,国民生活の安全・平穏にとって大事だけれど,次の動画の通り,イルミナティ☠らが,それら誰しもが頷く普遍的な価値観・考えを悪用してきた事実もよく知るべきだよ。 http://bit.ly/1SKvDse

次の2つの文書も,この動画と同様の考えを表現してるね。
http://oriharu.net/jADL1.htm
http://jdstone.org/cr/files/martin_luther/onthejewsandtheirlies01.html

このブログに散りばめてあるYouTube再生リストの動画の内容を理解することによって,少なくとも次の①~⑤の大罪について,その主犯がイルミナティ☠勢であることを確信してもらえるかな。
ISISその他テロ組織の発生と制御
911やらせテロ
311人工地震
FRB等の中央銀行を使った詐欺
原爆の開発とその広島・長崎への投下

〇イルミナティ☠勢か中共かに魂売った野党の詐欺師ら http://ow.ly/3zoDV8

〇911やらせ
http://ur0.pw/syMO

〇311人工地震
http://ur0.pw/syMG

〇ISIS created by Mossad
http://bit.ly/1RFncvU

〇Truth About Israel
http://bit.ly/1nvNBn3

〇そもそも,「ユダヤ人が,ガス室で大量虐殺された」というのは大嘘
http://bit.ly/1UBi41u

〇The Illuminati☠'s Past War Crime Killing About 200,000 Citizen GOYIM http://bit.ly/1MKHcee

〇今は,実質的に,米国憲法1章8条5項通り,通貨発行権は連邦議会が持ってるのかな? 通貨発行によって,私人であるFRBが政府から印刷代以上の支払を受けるのは,詐欺以外の何物でもないね。 http://bit.ly/1qcCktI

〇そうそう,昭和天皇はイルミナティの手先として,日本を先の大戦に仕向けていったのが真実なんだって。 https://is.gd/Jvs4Nx

上の一連の14本の動画の内容を,次のGoogleドキュメントの1(4)に文字起こししたよ。
特に,それら動画のうちで,いつの間にか非公開に変更されている5,6本目の動画の内容が興味深いかな。 https://goo.gl/Z2kKCA

というか,その公開講義で太田龍氏は,次の本「JAPAN'S IMPERIAL CONSPIRACY by David Bergamini」の内容を基礎に講義してるんだけど, この講義の内容には,例えば,「TAISHO'S COUP」とか,大正・昭和初期の天皇家にまつわる史実が含まれていて,かなり刺激的だよ。
https://www.amazon.com/gp/product/0688019056/
JAPAN'S IMPERIAL CONSPIRACY.jpg


その本については,日本語の訳本「いいだもも著 天皇の陰謀」(旧版・新版)があるんだけど,
そういった大正天皇・昭和天皇の関わる史実については,意図的に削除されてるよ。
特に,新版のほうは,目次とかを見比べる限り,意図的な削除が多いようだね。

〇「昭和天皇はイルミナティ☠の手先だった」というのが真実だとして,今上天皇もなのかな?今上天皇も☠の手先として,世界人口1/10化に加担してる?
でも,日本の場合,表向きは,イルミナティ☠勢に対する資金協力とか自由にはできないはずだよなぁ。

昭和天皇の戦争責任を問うものを次のリストに集めてみたけれど,今上天皇が手先かどうか匂わせるものはないね。
最初から20本ぐらいまでが特にお勧めかな。
http://urx.red/ubgg

そうそう,次の今上天皇のゆかり発言は,面白いね。今上天皇は,昭和天皇と違い,悪人ではないね。
https://is.gd/jDlRLb

実は,以前は,私は,天皇制廃止論者だったんだけど,イルミナティ☠や中共のことを知ると,過度の唯物志向を抑えるためにも,今上天皇がイルミナティ☠の手先でない限り,天皇制はあったほうがいいと思うね。

〇北朝鮮は即時解体すべき
http://bit.ly/1nvNRSN

〇自民党による戦後利益誘導政治の原点 http://qq3q.biz/p1ZH

〇Make the Mad CCP Stop Organ Harvesting! https://goo.gl/5bguiq

〇Make the Mad CCP Stop Ethnic Cleansing! https://goo.gl/Rxtkaq

〇The CCP imposing autocracy of about 5% population of China, continues hiding the Tiananmen Massacre of over 31978 citizens from the Chinese people.
https://goo.gl/g9rZPW

〇Here's "Nine Commentaries on the Communist Party" for anyone who want to know the true nature of the Chinese Communist Party.
http://goo.gl/zkfWJu

〇中国語版 九評共産党
http://goo.gl/zyFISp

〇隣国 中国のお友達ムードについてよく知りたい日本のお友達ムードには,次のYouTube再生リスト映>画がお薦めだよ揺れるハート
http://goo.gl/f4dDgt

〇中共独裁―沖縄侵略等
http://goo.gl/HmMFZG
[Wordファイル] 日本解放第二期工作要綱
https://goo.gl/oJHi2Q
Plot Directive for Liberation of Japan - Phase II (Now Translating)
https://goo.gl/Qezuj0


〇不正選挙・不正裁判~カルト創価学会が生じさせる立法府の歪み
http://bit.ly/1Vaca7Y

〇ヒラメ裁判官問題~カルト創価学会の侵食による司法府の歪み
http://bit.ly/1Vacl35

〇シロアリ土建似非右翼による税金への集りについての証言
http://qq2q.biz/pond

次のツイートに表す真相未究明の石井紘基🐉事件では,🐉は似非右翼の尹白水に刺殺されたんだけど,日本政治に集るイルミナティ☠勢力が背後にいるんだよね。
〇吸血公務員による税金への集りについての証言 http://qq2q.biz/poni

上のYouTube動画は,いつの間にか削除されてたんだけど,この動画を,次のツイートのリンクの通り,Google共有ファイルとしてアップしてみたよ。
維新勢力は,日本共産党の暴力革命みたいに,道州制導入に伴う霞が関1/3化を隠さなくてもいいのにね。

〇とりあえず,次の動画の解説に,『速習 司法試験短答デジタル解説♡』をまだ未完成だけど置いてみたよ~揺れるハート
http://goo.gl/KdDRfj
「祝・完成♡!リアル法曹促成システム」 http://urx.red/oLUp

いくつかのSNSアカウント


Instagrammickythemiracle

Instagrammickythewild

Instagrammickythegreat






プロフィール

MickyTheMiracle

Author:MickyTheMiracle
自らの思いをくっきり表現する時代最先端の実用デジタル和文,さらには,これを用いてのリアル表現の自由(日本国憲法21条1項,国際人権規約B規約19条)を研究しています。日々のそれらの思いは,リンク集に示すTwitterYouTubeGoogle+等のアカウントで綴っています。facebookはアカウントを凍結されやすく,ザッカーバーグが☠の手先かどうかはともかく,凍結とか面倒で使いにくいため,現在は利用を停止しています。

1 小学校低学年お友達目は,まず,実用デジタル和文を体感してね揺れるハート。このブログとかにあるお気に入りのひと塊の和文の全部でも一部でもコピペして,誰か有名人犬猫ツイートにリプライしてみようねexclamation アカウントは,匿名で構わないよ決定。特に,公明党民主党国会議員モバQとかが,お友達たち目知性のレベルにちょうどいいかなリゾート。ほら,https://twitter.com/sacredservantjp/lists/list11とかで,見たことある政治家モバQに向けて,コピペリプライだ~exclamation×2

2 小学校高学年になると,すっかりお姉さんお兄さんるんるん。毎日少しずつ,https://www.youtube.com/channel/UChncRYgH6vO3YuiDLM3TcvAにある動画映>画を確認して,それらの内容につき自分自身の意見をまとめる力を鍛えよっかムードGoogleアカウントを作成して,YouTube動画に向かい,思いのままいろいろ書き表すといいよ決定。そのうち学習ひらめきして,書いちゃダメな内容が心の底からわかってくるよハートたち(複数ハート)

3 中学生わーい(嬉しい顔)になると,実用デジタル和文作成の中級レベルに挑戦だ~exclamation https://twitter.com/kingofskyjp/lists/list3にあるツイートを瞬時に理解しながら自らの考えをはっきりくっきり表現することができるよう努力してみてね音楽。 上の12応用編だねぴかぴか(新しい)。そこに記す意見等は,翻訳機能あるし,和文でも構わないな決定。まず正直な想いを表すことのほうが大事だよ手(チョキ)

義務教育音楽の間に,他人の意見を参考にした上で自分の意見をまとめる力がついてきたらグッド(上向き矢印)実用デジタル和文作成の基礎はもう固まってるはずだよ手(チョキ)
さらなる発展ステップ遊園地では,https://youtu.be/VBEmqvVPOX4等のYouTubeライブニュースを見てチャットにコメントしてみたら?時事の報道事実台風そのものから瞬時に自身の意見を表すトレーニングだねひらめき

それで,芸能人たち犬猫テレビ局のスタジオで遊んでいるカラオケのが自宅のテレビTVに映っているのを何ということなく見ていてもフリーダイヤルあまり意味がないので,そんな暇があるんだったら,揺れるハートリアル法曹促成システム揺れるハートをメインで使って真の法的素養ひらめきを身に付け,予備試験ルート遊園地での司法試験合格手(チョキ)を目指すといいよぴかぴか(新しい)

あと,どんな大人ムードになるにせよ,悪魔人影黒ハート売ったりするふくろことのないよう,社会に出るまでに,揺れるハート読書リスト揺れるハートにあるを読んでおこうか目
18, 19歳になって手(チョキ)心底黒ハートから「日本再活性化ぴかぴか(新しい)には,1 大阪都実現とその副首都化決定2 霞が関1/3縮小化型道州制導入決定マストだ」って実感できるお年頃にまで成長したら,揺れるハート気違い政治妄想共産主義勢力悪魔駆除機能付き光るハート大阪発非暴力革命力こぶ誘発システム揺れるハートを使って革命活動ひらめきにチャレンジしてみようねハートたち(複数ハート)

お薦めブログ記事等へのリンクです

1. Know Emperor Showa was ☠'s tool?【Added Part 2 modified, at 1:30 PM, 2016/4/15】
1. リアル法曹促成システム♡進化してるよ【追記6 最終修正 2016/8/5 PM5時半前】
1. 祝・完成♡!大阪発非暴力革命誘発システムもできたよ~【第3版】【追記11 修正 2015/11/24 AM0時半過ぎ】
1. このイルミナティ暴露関係のロシア語動画「Financial Tyranny」は,日本語吹き替え版とかまだないかな?【追記 修正 2015/12/10 AM2時前】
1. facebookアカウントが何個,必要かな?【追記2 2015/01/28 PM5時半過ぎ】
1. @AbeShinzo @keidanren @KeizaiDoyukai @unionion 首相,#大阪都 支持表明遅れています
1. @BritishMonarchyエリザベス婆やは,成り上がりの@RockefellerFdnや@EdeRothschildを本当はどう思ってる? @coe @UN @kantei【最終修正 2016/3/11 PM0時半前】
1. Could Anyone Investigate True Iraq Situation?【Added Part 8 Contributed on June 28, 2015, past 8:30 AM】
1. 「昭和天皇はイルミナティの傀儡」との証拠はない?!【追記5 2015/6/22 AM1時半過ぎ】
1. International Community should Join Forces to Liberate China♡!【Added part 8 added on August 14, 2015, about 7:30 PM】
1. 民度の健全化に,「朝まで生テレビ」とか使えないかな?【追記 2015/6/27 AM5時半前後】
1. 彼らは今世紀も前世紀以前も正義に藉口して,金儲け♡するだけ?【追記15修正 2015/4/17 AM3時半】
1. メディアや公人等の使命♡!?【追記12 2015/4/22 PM9時半過ぎ】
2. 日本政治の核心的事実♡――ユダヤ貴族からの見えざる干渉❦【追記5 修正 2015/3/16 AM10時半過ぎ】
2. 天皇家は,大昔から隠れユダヤ教徒♡?!【追記5 2015/5/11 AM2時】
2. 祝・完成♡!リアル法曹促成システム
2. 遅くとも明治天皇以降,天皇家は隠れユダヤ?! 中韓・沖縄の反日扇動みれば,昭和天皇戦争責任を解明すべき?!【追記6 修正 2015/5/27 PM6時半前】
2. 沖縄基地問題にせよ集団的自衛権にせよ,今一度,参考として,中共作成の日本侵略要綱の内容を確認してみてね♡【追記10 2015/5/30 AM5時半前】
2. 溝手とか石破とか,文盲議員が,法の支配を歪めているね♡【追記2 2015/5/20 PM8時前】
2. 大阪市の公共土建事業に集るシロアリ収益システム
3. 中共は,即時の解体が必要♡【追記11 2015/4/23 AM5時半前】
3. About Maximum Honesty♡【追記10 修正 2015/3/5 AM11時過ぎ】
4. 続・メディアや公人等の使命♡!?【追記10 2015/5/8 PM10時半前】
4. 粛清の件♡【追記11修正 2015/4/16 AM8時過ぎ】
4. 沈没したセウォル号の引き揚げを嫌がる理由?【追記3 2015/4/16 AM8時前】
5. 中国国民と地球平和のために村山談話等をちゃぶ台返しすべきです【追記8 2015/3/29 PM11時半過ぎ】
5. ここ暫く,余計なツイートに熱中していたためか,教材完成が予定よりだいぶ遅れています【追記3 2015/4/30 AM4時半前】
6. 慰安婦問題に隠されていた真実⁈【追記13修正 2015/4/9 PM2時過ぎ】
7. ISILを含むイスラム圏の方々に確認したいのは,…【追記13 2015/2/25 AM1時半】
8. 統一教会関連のYouTube動画♡で…【追記2 修正 2015/3/13 PM0時半前】
9. Seismic Terrorism Caused by the US and Israel?【追記4 2015/2/27 PM11時半過ぎ】
10. Nonsense Conspiracy Theory❦?
11. あのね,みんなにお願いなんだけどね♡【追記2 2015/5/7 AM0時前】
12. 不当でなければ,解雇自由でもいいんじゃない?【追記2 2015/4/10 PM2時前】
13. <重要>APEC参加エコノミー首脳の皆さまへのお願い♡
14. Who orders❦?
15. 日本外交の新機軸(?)❦
16. 韓国でも、日本でも、政治家自身や報道機関自体は、通常は他者に買収されるだけで、何かの意図をもって不必要に、国民を扇動するようなことはありませんよね?【追記7 2015/4/1 PM7時】

日本政治ギロチンリスト


http://urx.red/oLSp


罷免推奨大臣
○大阪で,ヤクザとの裏取引絡む自民党戦後利益誘導政治を守ろうと,栗原貴子または柳本顕の応援演説をし,またはその予定を組んだ罪
甘利明 岩城光秀 馳浩 森山裕
○閣僚でありながら,最大判H26_11_26を理解せず合区反対を扇動した罪
山口俊一消費者相(徳島2区) 中谷元・防衛相(高知1区) 竹下亘復興相(島根2区) 石破茂地方創生相(鳥取1区)


落選推奨議員
○こちらからのツイート".@takashinagao 長尾どう思う?次の通り@27osakajimin,#破落戸右翼 結合体が後藤田正純と徳島県石井町公共事業に集り,同様に,#大阪 に集るをどう変革するか明言しないと。 都実現で西成破落戸壊滅がいいよ。
http://urx.red/p60K"に対して,明確な回答を含む返信等がない罪

長尾たかし
○大阪でヤクザとの裏取引絡む自民党戦後利益誘導政治を守ろうと,"くりはら貴子を、大阪府知事に!"等と,ツイッターにより,栗原貴子の当選を扇動した罪
長尾たかし
○大阪でヤクザとの裏取引絡む自民党戦後利益誘導政治を守ろうと,各国会議員の名を冠した集会において,栗原貴子または柳本顕に挨拶させた罪
石原伸晃 佐藤正久
○大阪でヤクザとの裏取引絡む自民党戦後利益誘導政治を守ろうと,栗原貴子または柳本顕の応援演説について,「相当多数の党役員,閣僚の現地入りをお願いしたい」と演説を呼びかけた罪
二階俊博
○大阪で,ヤクザとの裏取引絡む自民党戦後利益誘導政治を守ろうと,栗原貴子または柳本顕の応援演説をし,またはその予定を組んだ罪
上川陽子 田村憲久 西田昌司 甘利明 岩城光秀 馳浩 伊吹文明 石破茂 稲田朋美 谷垣禎一 茂木敏充 後藤田正純 森山裕 中山泰秀
○自民党参議院議員であるにもかかわらず,将来の選挙において,自らと,甥の柳本顕とに投票を得ようと,共産党系の集会に出席し,集会参加者に対して支持を呼びかけた罪
柳本卓治
○維新スピリッツがないにもかかわらず,あるふりをして,維新勢力を乗っ取り掌握しようと試みた罪
江田憲司 松野頼久 柿沢未途 松木謙公
○参院特別委員会での安保法案採決時の混乱に乗じて,その主要な混乱が引き起こされた委員長席付近から離れた場所において,30代女性議員の背後から抱きつき羽交い締めに近い状態で,女性議員を数10メートル引きずり引き倒すという,わいせつ意図をうかがわせる暴行を加え,この暴行により,その女性議員に右手の小指・薬指に軽傷を負わせた罪
津田弥太郎
○参院本会議の首相問責決議案において,喪服姿で牛歩といった愚民受け狙いの幼稚なパフォーマンスにより倒閣を扇動した罪
山本太郎
○自民党議員として,「近畿メガリージョン構想」と称して,大阪府市の二重行政の無駄を解消することなく,土建利権の拡大を扇動すること等によって,有権者を騙すまやかし地方自治の復活を企てた罪
竹本直一 西田昌司 二階俊博
○自民党議員として,有効な対案ないまま,大阪都構想の反対を扇動した罪
谷垣禎一 萩生田光一 竹本直一 西田昌司 佐藤ゆかり 柳本顕
○自民党議員として一票の格差是正に対応が鈍い罪(合区への理解が遅れた罪を含む)
山口俊一 中谷元 竹下亘 谷垣禎一 船田元 山崎正昭 石破茂 溝手顕正 伊達忠一
○沖縄独立扇動により日本の安全保障上の危機を増大させている罪
糸数慶子 照屋寛徳
○自民党幹部議員の一人として同党所属議員に対して「朝まで生テレビ!」に出演しないよう指示した罪
棚橋泰文


2回ギロチン相当首長
○公平さ・公正さ・誠実さの感覚が著しく鈍麻し,政治資金・公務を食い物にしている罪
舛添要一東京都知事


リコール推奨首長
○知事でありながら一票の格差の意味を理解せず,また,地域振興無策につき自らの責任を自覚していない罪
西川一誠福井県知事 吉村美栄子山形県知事 谷本正憲石川県知事 荒井正吾奈良県知事 平井伸治鳥取県知事 溝口善兵衛島根県知事 尾﨑正直高知県知事 河野俊嗣宮崎県知事
○米軍普天間基地の辺野古移設阻止を扇動することで,日本の安全保障に何ら有効な権限なく干渉した罪
翁長雄志沖縄県知事 稲嶺進名護市長


不要政党
○中山党首夫妻がフリーメイソンと結託して似非右翼化している(http://bit.ly/1TPEAiD
http://bit.ly/1TPEjMs)にもかかわらず,
党として「我々こそが真の右翼,日本の心そのもの」等といったイメージを騙り有権者を騙している罪

日本のこころを大切にする党
○「質問1 本気で,暴力革命を目指しているのか?」「質問2 仮に,本気では暴力革命を目指していないとして,どのような手段で大企業を国公有化するのか?」「質問3 共産主義は気違い政治妄想なので,昔話に浸るより,『共産』の名称は変えたほうがいいんじゃないか?」「質問4 暴力革命を目指すのが本気か否かを明確にしないのは,支持者を騙すことにならないか?」(http://bit.ly/1XZZZKCの追記2)に対する回答が遅れた罪
気違い日本共産党
○もともとは,戦犯死刑予定者だった岸信介(安倍晋三氏の祖父),児玉誉士夫,笹川良一,正力松太郎が,CIA工作員として釈放され,その頃から,自民党,破落戸右翼,天下り業界団体,読売新聞,統一教会,パチンコ屋等が一体となって,これらによる政治での利益誘導を伴う日本支配を始め,その後,官僚の一部も加えたところ,現在もなお,例えば,大阪市(西成区)から徳島県石井町等へと,破落戸右翼が地方自治における土建,産廃処理等の公共事業に集るシロアリ構造の形成を手引きしている罪
自民党
○江田,松野の主導によりニセ維新勢力を残留させている罪
維新の党
○世界中で共産主義暴力革命を実行してきた政党と同一の政党名を掲げている罪
日本共産党
○沖縄独立論を主張する議員の存在を許容している罪
社民党 沖縄社会大衆党
○投票価値の平等(一票の最大格差2倍未満)に向けた取り組みが鈍い罪
自民党
○企業・団体献金の廃止に向けた取り組みが鈍い罪
自民党
○日本国籍を有しない在日勢力の政党活動への参加を許容している罪
民主党
○組織的に宗教との関わりが密接である罪
公明党


ツイッター

























最新記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
1466位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
591位
アクセスランキングを見る>>


MickyTheMiracleさんのランキング集計結果